打ち合わせ

「施主がやるべきことって?」注文住宅の打合せのコツ|設計士×家づくり経験者が解説

ハウスメーカーも決めたし、いよいよ打合せ!といっても、わたしらは何すればええの? もっともっと満足できる家にするための、打合せ中のコツが知りたい!

という方。

この記事の内容

・打合せ全体をとおしての、施主がもつべきスタンス
・打合せ外で、施主がやるべきこと
・打合せ中に、施主がやるべきこと

わたしは設計士で、色んなお客様と打合せをしてきました。

その中で、設計士としても提案しやすく、とても良い家を建てられてるお施主様の共通点がわかりました。

また、自分の家づくり時にちょっとしたトラブルを経験しました。

そして、「あぁもっと施主としてこうすればよかったんだ…」と感じたこともあります。

より満足のできるお家を建てるために、「施主の仕事」をしっかり知っておきましょう!

 

注文住宅の打合せのコツ:施主の心得2つ

打合せ全体をとおした、施主の心得は

①信頼すること
②意思表示をすること

の2つです。

覚えておいてほしいのは、「言いなりになるのではなく、信頼するからこそ、本当の気持ちを伝える」ということです。

くわしくお話しますね。

 

施主の心得①:信頼する

信頼するって、盲信しろってこと?
いえいえ!相手をプロとして受け入れて、ちゃんと自分の考えにとりいれるということですよ
あー病院行く前に不安でネットでいろいろ調べて、「この病気かも」って予想して、いざ医者に聞いたら全然ちがう診断で…「この医者ヤブか!?」ってならんようにってこと?
そゆことです(笑)
自分で調べた情報<目の前のプロ って意識が大事やね
「ネットではこうで…」って言ってもいいんですよ!
失礼やない?
むしろ隠して裏で悩まれるよりいいですよ!プロからすれば「信頼してくれてるな」ってなります
信頼して、施主とプロで、良い家をつくっていく、という姿勢が大事なんやね!
それができてるお施主さんは、素直ですし、とてもステキなお家を建てられてますよ♪

 

家づくりに失敗する人の共通点
【はじめに】家づくりに失敗する人の共通点「これから家づくりを始めようと思うけど、注文住宅ってよく失敗するって聞いて不安」という方。この記事を読むと、家づくりで失敗しやすい人の考え方や行動がわかります。なんと、お家を建てた人のなかで、失敗したと感じている割合は69%!失敗しない対策をしましょう。...

 

施主の心得②:意思表示をする

意思表示って?
「わからない」「微妙…」「素敵!」「不安…」をきちんと示すことです。態度でも、言葉でもいいので!
せっかく描いてもらった間取りやから、正直微妙なんて態度とりにくいんやけど…
それで「何考えてるかよくわからない施主」になっちゃうんですよ。あなたが1番損することになっちゃいます…
どうして?
簡単に言うと、「もっと良い提案」をもらえなくなるからです
逆にわかりやすい人の方が、プロも提案しやすいのかもね
「否定」をするためじゃなくて、「わたしはこれが好きなんだ」「こんな暮らしを望んでるんだ」と伝えるために、マイナスなことも見せましょう
不安や悩みも言うてええんかな?
はい!早めに1つずつ潰しておかないと、後でとりかえしがつかなくなりますから!
よし!打合せ中は「わかりやすい施主」を目指そう!

 

注文住宅の打合せのコツ:「打合せ中」のポイント5つ

打合せ中に施主がやるべきことは、

①記録をする(もらう)
②遠慮をせず気持ちを伝える
③判断材料をもらう
④わからないところを解消する
⑤休憩をする

の5つです。

くわしくお話しますね。

打合せ中のコツ①:記録をする(もらう)

打合せの内容をあとから確認できるように、記録に残しておきましょう!会社によって、議事録をつくってくれるところもありますが、足りないときは自分でメモしましょう
なんで?
「すれ違い」を防ぐためです
「こう言ったでしょ?」「聞いてませんよ」ってなったときに確認ができるもんな
あと自分でも最初のほうの打合せ内容を忘れることってあるんですよ…
打合せすすむにつれて、トータルで考えたくもなるやろし、振り返られるようにしとこう!

 

打合せ中のコツ②:遠慮をせず気持ちを伝える

たとえばどんなこと言っといたほうがええ?
「これ言ったほうが良いかな?」と感じたら全部ですね
今までの対応でちょっとひっかかってるところとかも?
正直に言ったほうがいいですね。案外お互いの言葉足らずやったりするんです
なんで?言わんでも打合せは進むやろ?
始めのうちに誤解をといておかないと、後で取り返しつかないことになっちゃうことあるんです
そーなん?
家づくりでは、プロを信じられなくなったら終わりなんですよ。なぜならたくさんの人に頼らないと、家って建てられないから
たしかに、ためこみすぎて、いよいよ信用できないってなっちゃったら、そんな会社で家を建てることに絶望しそう…
「信用してもらえてない」ってプロにも伝わっちゃいそうやね
いくらプロでも人なので、安心して任せてもらえてる方が、力は発揮できるでしょうね
わだかまりを残さんためにも、遠慮せずに気持ちを伝えてみよう!

 

打合せ中のコツ③:判断材料をもらう

なんのために?
夫婦で答えを出すためですよ!家で決めるにしても、情報がそろってないと話し合えないですからね
判断材料ってたとえばどんな?
メリット、デメリット、過去の事例、プロの考えとかですね
写真とかもらえるといいかもね!
展示場で広さや高さ、距離感を教えてもらってもいいですね

 

 

打合せ中のコツ④:わからないところを解消する

わからんことあっても聞きにくいんやよねぇ…
わからんことどんどん聞いてください!
こんなことも知らんのかってならん?
大丈夫です!プロってあたり前すぎて「何をお客さんが知らないのか」を忘れてるんですよ…
そうなんや!
なので、聞かれないと知ってるものとしてどんどん進んじゃいます
わぁぁあとで大きいすれ違いになりそうやね…
家で質問とか確認したいことまとめといて、直接説明してもらうといいかな!
写真や実物もあるので、きっとわかりやすく教えてくれますよ!

 

打合せ中のコツ⑤:休憩をする

え、休憩?
疲れる前、45分ごとくらいでとるのをオススメします!
なんで?
判断力がにぶるからなんですよ
休憩とらんと後で「なんでこれを選んだんや」ってなっちゃうってことか…
選ぶ、決める考えるってすっごく脳をつかうんですよ
わたしらが休憩したいって言うてもええの?
はい!プロは長丁場の打合せになれてるし、説明側なので、お客さんの方が疲れるのがはるかに早いんです。意外と気づいてくれないんですよ
ちょっとトイレに…くらいでええんかな?
飲み物おかわりとかでも(笑)

 

 

注文住宅の打合せのコツ:「打合せ外」のポイント5つ

打合せ外で施主がやるべきことは、

①理想(やりたいこと)と優先順位を整理する
②もらった宿題をきちんとする
③見学会や展示場へいく
④スケジュールを意識する
⑤月いくらまで払えるかを決める

の5つです。

そして大切なのが、この5つを夫婦ですり合わせておくことです。

くわしくお話しますね。

 

打合せ外のコツ①:理想(やりたいこと)と優先順位を整理する

どんな暮らしがしたいのか、どんな家が理想なのか、を夫婦で話し合っておきましょう
写真をあつめたり、ノートにまとめておくのもいいね!
ただし、予算があってすべては叶わないので、優先順位を整理しておいてくださいね

 

注文住宅の要望のまとめ方|後悔しない家づくりのために
家づくりの要望のまとめ方2|後悔しない注文住宅のために、プロ×家づくり経験者が解説!「建てるなら注文住宅がいいけど、自分の好みをちゃんと伝えられるか不安…」こんなお悩みを解決します。この記事を読むと、あなたの好みがプロに伝わりやすくなったり、家に求めていることがハッキリします。後悔しない家づくりのためには、自分の要望をしっかりプロに伝えることが大事ですよ。...

 

 

打合せ外のコツ②:もらった宿題をきちんとする

打合せでは「次回までに考えておいてくださいね」と宿題がだされます。これを早めにやっておきましょう
次の打合せまででえーんちゃうの?
それでもいいのですが、メールやLINEで早く返事を出しておくことで、設計士側も時間ができます。すると次回にもっといい提案がもらいやすくなりますよ!
メールやLINEは記録にも残るからええよね!

 

打合せ外のコツ③:見学会や展示場へいく

なんで今さら?ハウスメーカー決めるときに見て回ったで
打合せ中は、まったく見る目がかわりますよ
たしかに、広さとか、家事しやすいかなーとか、収納の使い勝手とか、見るところが具体的になってる!
本当に自分が暮らしやすい家を、間取りに反映するためにも、展示場や見学会はたくさん見て回りましょう!

 

 

打合せ外のコツ④:スケジュールを意識する

打合せのスケジュールってこと?
はい!必ず、「いつまでに打合せを終わらせる」というスケジュールがあるので、意識しておきましょう
なんで?
先延ばしにしないためです
たしかに、いつまでも考えられる!ってなったらダラダラしちゃいそう
意外と「考える時間」って少ないんです。気づいたら「もう打合せ終わり!?」ってなるんですよ
後悔せんよう、時間造ってどんどん考えたり調べたり見に行ったほうがええんやね!
正直、こっちのペースに合わせてほしいけどね
そんなときは、「待ってほしい」って言いましょう
そもそもなんでスケジュールが決められちゃうん?
じつはハウスメーカーは、あなたのお家を建てるために、いろんなことをしないといけないからなんです
たとえば?
法律が守られてるか審査に出したり、工事の段取りを組んで業者の手配をしたり、銀行からお金を借りられるのか確かめたりですね!
吹き出しの内容

いろんな人が家づくりに関わってるから、スケジュールが出てくるんはしゃーないんやね [/chat]

ですが、あなたの家づくりなので、納得できるように時間をもらうのも大切ですよ!

 

打合せ外のコツ⑤:月いくらまで払えるかを決める

なんで?
予算を把握しとくためですよ
予算がちゃんとわかってなかったら、あれもこれもでどんどん膨らみそうやね
打合せ最後に「やっぱり払えません」じゃぁ、もう一度やり直しになっちゃいますからね
月いくら払えるかを決めとけば、かけられる総額がわかるん?
はい!そこは営業さんの仕事なので、しっかり出してもらいましょう
予算をみながら、打合せでなにを採用して、なにを諦めるのかを考えんとあかんねやね

 

注文住宅の打合せなら!コツがわかるオススメ本

打合せ中は「あぁどうしよう」って視野がせまくなりがちです
夫婦喧嘩もしちゃいそうやわ…
そんなときに「ハッ」と我にかえしてくれる本がこちら


そうそう、これが大事やったよねって思い出せるので、1冊あると安心です♪

 

ちなみに、わたしが家づくりをするときは、夫婦喧嘩0でした
えー!そんなことある!?
始めのうちに、あることについて話し合ってたからかなぁと思ったので、まとめてみました。今後の執筆の励みにさせてもらうために、100円かかっちゃいますが、よければ参考にしてみてくださいね