家づくり体験談

「吹き抜け=寒い」時代おくれ?吹抜けで失敗しないための、会社の見わけ方

「天井のたか〜いリビングにあこがれる!」

新築するなら、開放的な空間を夢みるあなた。

ですが、

「あ暖房がきかないってネットにかいてる

「ハウスメーカーの人に、地震に弱くなるって言われた

と、しゅるしゅると夢がしぼんでしまっていませんか?

 

実はわたし、近ごろ吹き抜けのある家。

自ら設計して、住みはじめました。

吹き抜けのある生活は、とっても楽しいし、快適ですよ。

 

たしかに、吹き抜けにはデメリットがめだちます。

でも、大丈夫!

吹き抜けは、ビルダーに知識があれば、快適につくれます。

つまり、

「吹き抜けのある快適な家」を建てるには、

「きちんと知識のある会社」をえらぶべし。

ということです。

 

この記事では、

・吹き抜けのデメリット

・デメリットの対策

・「吹き抜けのある快適な家」をたてられる会社の見つけ方

をご紹介します。

せっかくの、一生に一度の新築。

あなたの「あこがれ」が、実現できますように。

吹き抜けのデメリット2選と対策

①吹き抜けは、寒い?

「いくら暖房つけても、1Fがあったまらない!」

「エアコンとヒーターで、電気代がえらいことに

吹抜けのお家に住むみなさんは、冬場の冷えこみに、悲鳴をあげているようです。

これは、吹き抜けの宿命なのでしょうか

 

 

 

 

いいえ、ちがいます。

「吹き抜けが寒い」=「ハウスメーカー選びの失敗」です。

もっといえば、吹き抜けが寒いのは、お家の性能が、たりないからです。

吹き抜けが寒いお家は、室温をキープするパワー不足なのです。

根拠は「吹抜は寒い」という会社で、新築を建ててはいけない理由 を読んでみてください。

 

つまり、もしあなたが、「冬もあったかい吹抜けのあるお家」をたてないのなら、

・室温をキープする力がしっかりある

・お家のすき間がすくない

ハウスメーカーをさがしましょう。

高性能なお家の特徴と、見わけ方は、建築士主婦が教える、電気代もおさえられる、快適なお家の見分け方 をお読みください。

 

ちなみに、うちは吹き抜けリビングです。

エアコン1台を、真冬に19度でまわしてます。

これで、1F2Fどちらもポカポカですよ。

 

②地震に弱くなる?

「うちは、地震に強い家をつくるために、吹き抜けはもうけてません!」

というハウスメーカーもでてきています。

今はどこでも大地震がおとずれる時代。

じっさい、熊本地震では、吹き抜けが原因で、倒れてしまったお家もありました。

(参考:「なぜ新耐震住宅は倒れたのか」日経ホームビルダー編)

 

はっきりいいます。

吹き抜けは、地震に弱いです。

 

「えじゃあ吹き抜けはやめたほうがいいの?」

いえいえ。

吹き抜けがあっても、地震に強い家は、建てられます。

ようは、弱点部分を、お家全体でおぎなえばいいのです。

 

つまり、ハウスメーカーには、

「この家は、吹き抜けがあって弱点になってるから、他の部分を強くして、バランスをとっておこう」

というような、「構造知識」が必要なのです。

 

「なーんだ!じゃあプロにまかせておけば、いいんだね」

と思うでしょう?

実は、これがそうでもないのです。

 

建築に縁のない人は、

「設計士=お家のことならなんでも知ってるプロ」

というイメージがあると思います。

ですが、設計士って、構造の知識が低くても、お家、つくれちゃいます。

2F建ての住宅ならば)

 

「え!?どういうこと!?」

と思いますよね。

実は、最低限の法律さえ守っていれば、構造知識がなくても、設計ができるのです。

ですが、その法律をまもって建てたお家、熊本地震でがっつり倒れてます

(参考:「なぜ新耐震住宅は倒れたのか」日経ホームビルダー編)

 

さらに、その法律を最低限まもってたてた家の21%は、震度7の地震で、倒れてしまうだろう。と、予測もされているのです。

(参考:「南海トラフ巨大地震等による東京都の被害想定」

 

わたしは、自邸を設計するときに、構造を一から勉強しました。

そこで知ってしまったのです。

「うちの会社、地震にあんまり強くない家たててる

ということに。

これはかなりショックでした。

設計歴25年のベテランもいるのにですよ。

 

つまり、「吹き抜けのあるお家」に住みたいのなら、

「構造知識のない会社」で絶対に建ててはいけません。

かならず、構造に理解のある設計士をみつけましょう。

 

「快適な吹き抜けのある家」をたてられる、会社の見わけ方

もしあなたが、「快適な吹き抜けのある家」に住みたいのなら、

温熱性能が高く、構造知識のある会社をみつけることが、なにより大切です。

「建築なんてぜんぜん知らないのに、どうやって見つけるの?」

という方のために。

この章では、良い会社の見わけ方について、お話ししていきます。

 

温熱性能の高い家は、体感×数値でたしかめる

性能のいい家は、「心地がいい」です。

なので、実際のおうちで体感するのが、大切です。

それに加えて、温熱性能をあらわす数値(UA値)をききましょう。

体感、数値、どちらもいい会社は、吹き抜けがあっても、あたたかいでしょう。

くわしくは建築士主婦が教える、電気代もおさえられる、快適なお家の見分け方 解説しています。

 

構造知識は、設計士に直接きいてみる

相談会など、設計士に直接会えるような、イベントに参加しましょう。

そこで、

「吹き抜けは、地震に弱いって聞いたんですけど…この会社は大丈夫なんですか?」

と、ズバッときいてみましょう。

 

「大丈夫ですよ」

というのなら、理由も聞いてみてください。

そこで、根拠と補強方法まで説明できる設計士さんは、信頼ができるでしょう。

一応、吹き抜けのあるお家の、補強方法も書いておきます。

こちらも参考にしてみてくださいね。(執筆中)

 

最後に

年中ここちよくて、電気代もおさえられて、地震にもつよい。

そんな吹き抜けのあるお家をたてたいのなら。

会社選びに力を注ぎましょう

というお話しでした。

いかがでしたでしょうか。

 

といっても、子育てママにとって、わざわざハウスメーカーをたくさん見てまわるのは、骨がおれますよね。

「しかも、なんか押し売りされそうで…」

と不安になる方もいらっしゃるでしょう。

たしかに、ハウスメーカーは、

「値引き」「限定」「ローコスト」で、こちらを焦らせてきます。

つまり、ゆっくり考える時間をうばわれてしまいがちなのです…

「一生に一度のことだから、やっぱりしっかり、考えたい!」

そんな方には、

展示場にいくまえに、資料請求をして、会社をしぼりこむことを、オススメします。

カタログは、すきま時間をうまく使える主婦と、相性がいいですよね。

タウンライフ一括資料請求では、あなたの希望でしぼりこんだハウスメーカーの資料を、一括で請求できますよ。

もちろん、たくさん見てまわって体感するのもいいでしょう。

一生に一度の新築。

会社の選び方は、あなたの自由です。