MENU
DIY

「DIYの下地(柱)はどこに入ってる?」初心者でもわかる、図面の読み方

棚をDIYしたい!でも下地を入れてもらってないしなぁ…
それなら、カベの中にある、柱を下地にしちゃいましょう

といっても、柱はどこに入っているのか、見ただけだとわからないですよね。

「センサー」を使うと、柱の場所はわかりますが

センサー買うのもめんどくさい…

かといって、勘でとりつけてしまうと、ガチャーン!と壊れてしまったり、「ここでもない…」とカベが穴だらけになってしまいます。

でも大丈夫!

図面が読めれば、下地(柱)の位置が、すぐにわかります

この記事では、下地(柱)の位置を、図面から読みとる方法についてご紹介します。

柱(下地)の位置を、センサーも図面も無しで見つける、簡単な方法【初心者】https://yutakata.life/shitazisagashi/ ↑では、センサーを使わずに下地(柱)をみつけるために、...
Youtubeでもご紹介中♪

リフォームでもっと家を快適に!一番安い会社を見つける方法【無料】

 

女性でも簡単♪図面から下地(柱)の位置をよみとる方法3ステップ

下地の位置を知る方法:用意するもの3つ

・お家の図面
・ものさし(あれば三角スケール)
・メジャー

の3つをご用意ください。


下地の位置を知る方法①:とりつけるカベの場所をよみとる

まずは、DIYしたい場所を、図面でみつけましょう。平面図をみてください。

(「平面図ってなに?」という方は、【初心者】平面図って何?【図面】を参考にどうぞ)

平面図にはおヘヤの名前がかいてます。それを頼りに、DIYするカベをみつけましょう。

たとえば、

↑のカベにDIYしたいとしますよね。

このカベは、実物をよく観察してみると、キッチンと洗面スペースの境にあることがわかります。そして平面図をみてみると…

↑のように、「キッチン」と「洗面スペース」の間の青◯が、DIYしたいカベだということがわかります。

 

下地の位置を知る方法②:カベ内の記号をよみとる

「DIYしたいカベ」が図面でわかったので、次はそのカベの記号をよみとって、柱をさがしていきましょう

カベ内には↑のような記号がありますよね。大きい□が「柱」。小さい□が「間柱」です。

どちらも、下地につかえます。

↑から、「このカベには、柱が3本、間柱が3本あるんだなぁ」ということがわかります。

 

下地の位置を知る方法③:うちつけたい柱の場所をよみとる

カベに柱がどれだけ入っているかがわかりましたね。

次は、柱がどこに入っているのかを、読みとっていきましょう

まずは図面の「縮尺」をみつけてください。平面図のどこかにかかれています。

だいたいは、↑のように縮尺がかかれています。(Sとは「スケール」つまり「縮尺」をあらわしています。)

この図面は、1/50だということがわかります。(だいたいの図面は1/100か1/50です)

 

つぎに、図面にものさし(三角スケール)をあてて、柱の場所をはかります

三角スケールをおもちなら、↑のように、図面の縮尺にあわせてあてます。(この図面は1/50なので、それにあわせています。)

そして、カベの端から次の柱までをはかると…1mだということがわかります。

もし、「三角スケールもってない!でも図面は1/50だ…」という方は↓を参考に。

三角スケールなしで、1/50図面の柱位置を読みとる方法もし「三角スケールもってない!」という方は、ふつうのものさしでOKです。 ですが、ものさしは、1/100をはかるもの。図面の縮尺が...

 

これで、柱の場所がわかりました!

あとはメジャーではかって、柱の位置をマーキングして、棚をうちつけていきましょう!


カベに隠れた柱をつかってDIYしてみよう!

柱(下地)が見つかれば、↑のような食器の重さにもたえられるシェルフをDIYできちゃいます♪

あなたのDIYの幅がもっと広がりますように(*^^*)

じつは、もっとカンタンに柱(下地)の位置がわかる方法があります↓

柱(下地)の位置を、センサーも図面も無しで見つける、簡単な方法【初心者】https://yutakata.life/shitazisagashi/ ↑では、センサーを使わずに下地(柱)をみつけるために、...
リフォームでもっと家を快適に!一番安い会社を見つける方法【無料】