素材のえらび方

【新築】エアコンいらず!?梅雨でもサラッとすごせるお家のヒミツ【豆知識】

「洗濯物がかわかない、臭い・・・!」

「6月からエアコン・・・光熱費が・・・!」

毎日むしむし、ジメジメ・・・お家はミストサウナ状態。

「でも、きっと今だけ!新築したら解決するわよね♪」と思っていませんか?

じつは、工夫をしなければ、新築でもまったく同じことがおこります!

でも、この記事をみつけたあなたはラッキーです。

梅雨をエアコンなしで快適にすごせるお家は、ちょっとしたコツで建てられます。

もちろん、月々の光熱費がうきますし、いや~なヘヤ干しのニオイもさよなら。

サラッと気持ちいいお家は、ストレスフリーですよ♪

あなたのお家づくりに、お役立てくださいね。

▼動画でサクッとご紹介♪

 

梅雨はどうして不快なの?

湿度がたかいからです。

湿度がたかいと、体感温度がたかくなります。

なので、おなじ26℃のおヘヤでも、湿度がたかいほうが熱く感じてしまうのです。

梅雨に「サラッと気持ちいい~」とおもえるためには、湿度は60%以下がいいです。

つまり、梅雨も心地よくすごせるお家にするには、湿度をちょうどよくたもてる工夫をしましょう、ということです。

 

湿気がたもてないお家は、どうなるの?

すでに体感されているでしょうから、イメージしやすいですよね。

キッチンのお塩がかたまります・・・脱衣室や押入れにカビがはえます・・・

わたしはみました。

あるとき、ちょっといいヒノキの米びつを、楽◯ショップでさがしていたときです。

レビューにとんでもないことが書かれてありました。

「新築用にお高いもの買ったのに、お米にカビと虫がわいた!」と。

もちろん☆1で。

わたしは叫びたくなりました。

それ、米びつのせいやない!お宅の新築のせいや!!と・・・

湿度に配慮のないお家では、米びつの性能だけではどうしようもないようです。

 

子育て世帯はとくに注意!湿気のおそろしさ

じつは、多湿は「なんか気持ち悪いなぁ」だけではすみません。

なんと、子供のぜんそくやアトピー、アレルギーの原因にもなってしまいます

湿度がたかすぎると、カビがわきますよね。

そのカビをエサに、ダニもわんさか住みつきます。

小児ぜんそくの80%以上は、ダニが原因です。

アレルギー性ぜんそくをひきおこす原因、1位がダニ、2位がカビなのです。

(参考文献:「病気にならない家」6つのルール からだの不調の原因はあなたの家にある/上郡清政/KKベストセラーズ)

つまり、湿気をたもてるお家をたてることは、あなたの子どもを守ることにもつながるのです。

 

梅雨でも快適な新築にするためのコツ

もしあなたが、梅雨に心地よくすごせるお家をたてたいなら、自然素材をつかいましょう

無垢の木や、漆喰など、自然素材をたっぷりお家にとりいれてください。

なぜなら、自然素材には湿度をたもつ力(調湿効果)があるからです。

そして、

もちろん、エアコンや除湿機をつかうのもいいでしょう。

ですが、機械にたよりすぎないナチュラルな暮らしは、カラダだけでなく心もみたしてくれます。

もちろん、電気代がうくうえに、環境にもやさしいので、ちょっといい気分にもなれますよ(笑)

わたしたちの背中をみて育つわが子のためにも、いい行動を心がけたいですね。

 

湿度をたもてる自然素材のパワーはすごい!

わたしは半年前に、自然素材のおうちを建てました。

それは、フローリングはもちろん、柱、梁まで本物の木。カベはすべて漆喰です。

そして、新築してはじめての梅雨をすごしています。

もう、アパートとの差に驚愕です。

九州の、とくに湿気がすごい場所にもかかわらず、サラサラでとってもきもちいい。

マドをしめきっているのに、春のお昼寝したくなるくらいの、「ちょうどよさ」を感じます。

もし、新築を機に、ジメジメむしむしを卒業したい!とねがっているなら、自然素材をとりいれてみてはいかがでしょうか?

もちろん、自然素材でお家をつくるかどうかは、あなたの自由ですよ。

▼参考文献