家づくり体験談

「ママ、なんでこんな家建てたの…?」住宅会社選びのおちいりがちな罠2選【会社選び編①】

こんにちは、SaChiです。

自ら設計した家に住んで、2週間が経ちました。

息子も夫も、ただただ、楽しそうにすごしてくれていて、「あぁよかったなぁ」としみじみ思っています。

今回のシリーズでは、

「家づくりが成功するかどうかの鍵をにぎっている」といってもいいくらい超重要な、住宅会社選びについて、お話ししていきます。

 

▼参考文献はこちら▼

この記事で得られること
・✔️会社えらびの「罠」を知っておくことで、わるい住宅会社をさけることができる。
✔️「あぁ…こんな会社に頼まなければ…」ではなく、「ここで建てて本当に良かった、ありがとう‼︎」と思える家づくりができる。
▼忙しいママ向け、ラジオバージョン▼

住宅会社選びでおちいりがちな罠2

実はなんと、家を建てた人の56%は、「後悔したことがある」と回答。

参照:ARUHIマガジン住宅購入者アンケート

人はどうして、住宅会社選びに失敗してしまうのでしょうか?

その原因を、心理学の視点からご紹介します。

 

強欲

人は安ければ理由もなく買ってしまいます。

この心理をたくみに使ったのが、「値引き」「限定」「ローコスト」。

営業マンに急かされ、値段につられ、よく知りもしない家を買ってしまい、「あれ、思ってたのと違う!」となってしまうのです。

 

失敗をさけるPOINT
・「お買い得」心理につられて、焦って決めるのはやめましょう。
・ママ友にぜーんぶ説明できるくらい、その会社のことを知ってから決めましょう。

 

 

目的を見失う

あなたはどうして家を建てたいのですか?

きっと、家族みんながもっと豊かになるため、だと思います。

その目的、住宅展示場では見失いがちです。

なぜなら、住宅展示場では、たっくさんの情報で頭がいっぱいになるからです。

性能、数値、素材、耐震

いつのまにか、「一般的に良いと言われる完璧な家」を建てることに、必死になっちゃう人もいるのです。

そして、いざ住んでみてはじめて、ズレた家づくりをしてしまったことに気づくのです。

 

例えば、

「コンパクトで使いやすいものを!」と冷蔵庫を買いに行ったとします。

そこで店員さんに、「この機能は、大きさは、性能は」と言われていくうち

気づいたら最新&大容量のものが家に!

「うちには大きすぎたし、使いにくい!」と、ズレた買い物をしてしまったと気づく。

こんなイメージです。

家づくりでやってしまうと、とりかえしがつかないのは、想像できるでしょう。

 

失敗をさけるポイント
・家づくりのゴールを、あらかじめ夫婦で話し合っておきましょう。
・「一般的にいい家」≠「自分たちにとってのいい家」ということを頭に入れておきましょう。

 

家は、妥協したぶん返ってくる

あなたがもし、「いい家を建てて、家族で豊かに暮らしたい」と願うのなら。

会社選びは焦らず、いくつも見に行き、しっかり話しあって決めてみてください。

家は不思議なもので、思いを入れた分だけ、ちゃんとかえしてくれます。

 

とはいっても、「数ある住宅会社から、たった1つを選ぶなんて」と思う方もいるでしょう。

 次回は、住宅会社の決め方を、たった1つ、ご紹介しています。

これさえおさえれば、あなたにぴったりな、いい家を選べるでしょう。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

次の記事>>新築に心から満足できる、住宅会社の選び方【会社選び編②】