MENU
その他

新築無垢の木の家の、乾燥対策〜快適な湿度に保つ方法〜

秋〜冬に、自然素材のおうちを建てたばかりのあなた。

こんな悩み、ありませんか?

「あれ、カサカサする

 

「自然素材のおうちは、夏サラサラ、冬うるうるってきいてたのに

と心配になった人もいるのではないでしょうか。

でも大丈夫!ちょっとしたコツで、ガラッと快適になりますよ!

 

 

この記事では、

自然素材のお家を、快適な湿度にするための方法

をご紹介します。

3つのステップを、実践してみてください。

無垢の木の新築を快適な湿度にするための3つのステップ

①お家をあたためる

木にたくさんの湿気を吸わせるために、まずはお家全体をあっためましょう。

なぜなら、あたたかい空気には、たくさん湿気をふくめるからです。

 

②湿気をつくる

加湿器や、部屋干し、浴室のドアをしばらくあけておいたり、料理をすることで、湿気をたくさんつくってください

たーっぷりと木に湿気をすわせてあげてください。

私のお家は、洗濯物が4時間ほどでパリッパリにかわくくらいでした。

しばらく続けると、30%ほどだった湿度も、4050%が普通になってきますよ。

 

③室温をキープする

朝起きたらブルッとなるくらい、お家が冷えてて、窓はびっしょり、ということ、ありませんか?

冷たい空気は、湿気をあまりふくめません。

つまり、お部屋を冷やしてしまうと、せっかくためこんだ「湿気」が、「水分」になって逃げてしまいます。

なので、うるおった空気をキープするために、お部屋の温度が下がりすぎないようにしましょう。

最低ラインは18です。

電気代が気になる?

「室温をキープって、エアコンをずっとまわしとくってこと?電気代が気になるよ

という人もいるかもしれませんね。

実は、木には蓄熱効果があります。

つまり、1度ちゃんとあたためると、なかなか冷えないようになっています。

本物の無垢の木のお家なら、ずーっとエアコンをつけていても、少ない電力で温度をキープできるでしょう。

建てたばかりの木のお家は、乾燥ぎみ

木は乾燥すればするほど、かたくて強いです。(ジュクジュクにぬれた木はモロッと崩れるイメージがあるかと思います。)

だから、お家をたてるときは、木をよく乾燥させて使います。

つまり、建てたばかりは、木の水分がとっても少ない状態です。(含水率1015%

だから、いくらお部屋がカサカサでも、吐きだすだけの湿気がないのです。

まずお家をあたため、次に湿気をたくさんつくり、冬の間は室温をキープしましょう。

あなたの快適な暮らしにお役立てくださいませ。