マイホームのメンテナンスが気になる方はコチラ

メンテナンスが楽で安いお家って?家建てた設計士が思うこと

できるだけメンテナンスが楽な家を建てたいなぁ。何を意識すればいいの?

という方にむけたお話です。

私は、設計士であり、家を建てた2児のママです。

マイホームを大切にするために、日々メンテナンスの勉強をしながら、お手入れしています。

そして、メンテナンスにかけるべき費用なども勉強してきました。

家 メンテナンス 費用
家のメンテナンス費用は毎月○○円積立てよう!長持ちする優先順位も家建てた設計士が解説「マイホームを長持ちさせるために、メンテナンス費用を積み立てたい!」という方。この記事では、家を建てた設計士が、「優先順位の高いメンテナンス」と「毎月の積立額」を解説!ムリなく積立られるので、将来の不安も消えて、安心してレジャーにお金も使えるようになりますよ♪ ...

もちろん、仕事上、築何十年もたった家も見てきました。

そんな私が思う、「メンテナンスが楽な家」について、お話しします。

メンテナンスを安く、楽にしたいなら、 「シンプルさ」「形状」「素材」「造り方」が大事だと思います

簡単に言うなら、「余計な設備をはぶいて、凸凹のないスッキリとした形の家を、いい素材を使って、丁寧に造ること」が、メンテナンスを楽にすると、私は思います。

 

まず大事なのが「シンプルさ」。

ムダな設備をマイホームにとりつけないことが大事です。

今は快適をつくるために、最新&省エネ設備がたくさん出ています。

ですが設備は、10~15年ほどでメンテナンス、20~30年で交換の時期がきます。

そのたびに費用も手間もかかります。

ムダな設備をつけないことが、「メンテ楽♪」を叶えてくれます。

 

つぎに、「形状」。

「真四角で、三角屋根」のお家がいいと思います。

なぜ真四角なのか?

それは、もし壁が凸凹していたら、湿気がたまりやすく、外壁と防水のメンテナンスが増えるから。

なぜ三角屋根なのか?

それは、軒を出してる分だけ、外壁に雨がかからないので、外壁が汚れにくく雨漏りしにくいから。

もちろん、太陽による劣化も遅くなります。

 

叶えたい間取りだと、どうしても凸凹なお家になっちゃう…
最新設備つけたかったなぁ…
設備や凸凹の家がダメってわけじゃないですよ!

設備をつけるからダメ、三角屋根じゃないからダメ、というわけではありません。

あなたが「絶対必要!」と感じるものだけを、厳選すればいいと思います(*^-^*)

なんとなく付けるのはやめた方がいいね!

次に、バルコニーや天窓も、将来のメンテナンス手間を増やします

なぜなら、バルコニーも天窓も「防水」がとっても大事。

「防水」が切れるとお水がお家の中に入ってきて、どんどん家の寿命をちぢめるからです。

バルコニーや天窓のメンテっていくらかかるの?

素材や防水方法によりますが、バルコニーは10~20年で30~70万、天窓は10~20年で1か所につき5~20万円ほどです。

なんとなくでつけて、あんまり使わなかった…となると、金食い虫になっちゃいます。

ちなみに

お布団干したいから、明るいお部屋がいいから

という理由で採用されがちな、天窓とバルコニーですが…

たとえば、お布団は室内の吹抜けに干したり、クリーナーや乾燥機ですませる方法があります。

わざわざ天窓をつけなくても、ほかの窓を工夫すれば、明るくなることもあります。

バルコニーと天窓も、他に解決方法がないときに付けるのでいいかもね!

続いて、素材。

じつは、何百年ももっている木造建築には、もう今はとれないほどの良い木が使われています。

良いものは、はじめにお金がかかるけど、やっぱり長持ちするんです。

私のおすすめは、家を建てる地域(もしくは同じ地方)で育った、無垢の木を使うこと。

やっぱり、その気候で力を発揮できると思うからです。

安い素材にとびついちゃダメなんだね
耐久性と金額のバランスがとれてる素材を選ぶといいですね

 

最後に、丁寧に造ること。

大工さんの腕で、将来の家の傷み方が圧倒的にちがいます。

せっかくいい素材を使っても、それを活かせないと、宝の持ち腐れ。

比べるのもおこがましいですが、私がDIYした棚には1年でゆがみが出てますが、大工さんが作った棚には、3年たってもすきまやゆがみがありません。

本当に、少しの手間、心がけ、繊細な気遣いが、あとで大きなちがいにつながると実感(;’∀’)

どう見分けるの?
 まず、いろんな住宅会社の工事中の現場をみましょう

丁寧な工事をしている住宅会社は、工事現場を見せてくれます。

仕事が丁寧な方は、道具も現場も綺麗にされてます

そして、品質が一定かもたしかめましょう。

1つの住宅会社の現場をいくつか見ることで、「物件ごとに仕上がりがバラバラ…」というロシアンルーレットを防げます。

メンテ楽にしたいなら、シンプルに、いい素材で、丁寧に家を造るだね!
メンテ楽にこだわるあまり、「本当に求めてる暮らし」がないがしろにならないように!
いくらメンテ楽な家を建てても、メンテはいるのよね
住み始めたら、どんなメンテがいるの?
↓建てた後に施主がやるべき6つのことをまとめてます

【メンテナンスまとめ記事】家建てた設計士も実践!家を長持ちさせるために、建てた後にやるべき6つのこと【オススメ】

将来のメンテ費用は?
↓毎月いくら備えるべきか、お話ししてます
家 メンテナンス 費用
家のメンテナンス費用は毎月○○円積立てよう!長持ちする優先順位も家建てた設計士が解説「マイホームを長持ちさせるために、メンテナンス費用を積み立てたい!」という方。この記事では、家を建てた設計士が、「優先順位の高いメンテナンス」と「毎月の積立額」を解説!ムリなく積立られるので、将来の不安も消えて、安心してレジャーにお金も使えるようになりますよ♪ ...
あなたにオススメ
吹抜け 掃除 マイホームのメンテナンスが気になる方はコチラ

マイホームの高所お手入れにはコレさえあればOK♪家建てた設計士がもっと早く買っておけばよかった神アイテムをご紹介

9月 7, 2022
ママ設計士の家づくりブログ
という方に向けたお話です。 私も、マイホームを建てて3年目。「お手入れしないと…」と気になるところが増えてきました。 そ …