家づくり体験談

100年長持ちする家を建てるための、3つのポイント【マイホームの基礎知識】

もし、あなたがこれから家を建てるなら、いつまで保つ家、建てたいですか?

 

「そりゃ、おばあちゃんになっても住みつづけられる家がいいよ」と思いますよね。

ですが、知っていますか?日本のお家の平均寿命。

 

 

 

 

 

なんと、31年なんです。

つまり、30歳で家をたてたなら、61歳にはたてかえなければいけない、ということです。

「えぇ!?一生に1度の買い物っていうのに、全然もたんやないかい!」

とツッコミたくもなりますよね

「一生住める家、なんとかして建てたい!」

そんな方のために、長持ちする家3つのポイントを、ご紹介します。

 

この記事を読むと

☑️おばあちゃんになっても、安心して暮らせるお家の建て方がわかる

☑️ローンを払いおわる前に寿命がくるような家づくりを防げる

☑️「やっぱり実家が好き!」と、巣立った子供たちも、帰ってきたくなる家を建てられる

 

参考文献

▼サッと聴いて情報収集♬  ラジオver▼

 

「耐震」「湿度」「愛着」が100年住宅の秘訣

1.耐震をしっかりもたせる

熊本の大地震では、なんと、新しいお家が倒れてしまっています。

実は今の日本のお家、「大地震に1回耐えられる」だけの力しかありません。

つまり、「震度6強を2回以上」うけると、たちまち倒れはじめるのです。

ですが、今やそこかしこで地震ざんまい

この事実を知ったあなたなら、どう対策しますか??

 

 

 

そう、「強めにつくる」ですよね。

関連>>お家の耐震性を高めるための基礎知識(執筆中)

家を長持ちさせるためには、いざという時に家族を守ってくれるだけの耐震性を、しっかりともたせましょう!

関連>>どの程度の耐震性なら安心できるのか?(執筆中)

 

2.湿度をちょうどよく保つ

「夏ジメジメ、いつのまにか押入れにカビが!?」

「冬、のどカサカサ、お肌ピリピリ

あなたを悩ませる湿気たち。

実は、お家の寿命をちぢめてしまうって、ご存知でしたか?

 

「冬の朝、カーテンをあけたら窓びっしょり

これは、湿度がちょうどよくないためにおこる、「結露(けつろ)」です。

この結露、なにが危ないのかというと見えないところでも発生しているからなんです。

それは、どこでしょうか?

 

 

 

 

そう、壁の中です。

劇的ビ◯ォーアフターで、壁をはいでみたら、木がまっくろで腐ってた!というシーン、よくありますよね。

壁の中の結露が、お家の「ほねぐみ」を傷めてしまうのです。

木はぬれて乾かずジュクジュクになり、腐ってしまいます。

鉄骨やコンクリートも、サビやヒビわれの原因になります。

せっかくいい素材で強い家をたてても、湿度に無頓着な家は長くもちません。

関連>>夏サラサラ冬ぽかぽか♬年中快適な湿度を保つ家の建て方(執筆中)

 

3.時が経つほど愛着がもてる

日本で1番古い木の建物、法隆寺は、1300歳をこえました。

建てた大工さんは、こう言われています。

彼は、1300年「保つ」建物をつくったのではない。

1300年、人々から「残したい」と思われる、価値ある建物をつくったのだ、と。(出典:世界基準の「いい家」を建てる)

この話をきいて、グッと、心がふるえたのを覚えています。

 

日本の住宅の平均寿命は31年だといいました。

実はこの寿命、「持ち主つごうで手放したり、壊した家」も含まれています。

つまり、「まだ家は保つのに、むりやり寿命をむかえさせられた家」がある、ということです。

 

家は、手入れをしたり、丁寧に暮らしたり、日々のちょっとした気づかいが、長持ちにつながります。

そして、手をかけるからこそ、愛着がわきます。

ところが私たちは、「100年保つ=100年何もしなくてもいい」というイメージをいだきがちです。

だから、「古くなる=劣化して嫌になる」につながり、新しい家に手をだしてしまいがちになります。

「住めば住むほどステキに感じられる家にしよう」という意識。

家を100年のこすためには、住み手の「愛」が1番重要なのです。

関連>>【新築×DIY】悲報!20代ママ建築士がマイホーム建てたけど、快適に住めない件について【住むほど愛着のわく家づくり】

100年長持ちする家の建て方

・いざという大きな災害に耐えられるだけの、力のある耐震性

・じわじわ骨組みをむしばむ結露がおきない、調湿性

・巣立った子供が「住み継ぎたい」と言うほどの、愛着

この3つのポイントが、長持ちな家を建てるための秘訣です。いかがでしたでしょうか。

 

 

とはいっても、

「強くて数値が良くて、好きなことをつめこみたい!でも、お金が

こう思う方、いるのではないでしょうか?

家づくり、やっぱりお金も大事です。

「どこで節約して、どこにしっかりお金をかけるのか」

この意識が「満足な家づくり」にはかかせません。

次>>家を建てる時のお金の考え方(執筆中)

ぜひ参考にしてみてくださいね。