良い住宅会社を選ぶコツはコチラ

意外とわかりにくい!住宅会社の「丁寧さ」と「信用度」がでる工事内容2つ

この住宅会社でマイホームを建てようかな?でも、きちんと丁寧に工事してくれる会社かな?
この建売買いたい!ぱっと見キレイに造られてるけど、大丈夫かな?

もしマイホームを買うなら、やっぱり丁寧に造ってくれる会社がいいですよね。

でも、実際の家を見ても「これは本当に丁寧なの?」と判断しにくいかもしれません。

そこで、設計士であり、家を建てた2児のママである私が思う、住宅会社の「家づくりの丁寧さ」が出る「工事内容」を2つお話しします。

これから住宅会社を決める方、建売を買いたい方、家のココを見てみてください(*^^*)


家づくりの丁寧さが判断しやすい工事内容

丁寧さが判断しやすい工事①:土台水切りのジョイント

土台水切りを見てみましょう!
土台水切りって?
お家のこの↓部分です

土台水切り

お家を外から見たときの、外壁と基礎の間にある黒い線状の部分です。

この土台水切りは、基本、家の外周すべてについてます。

そして、土台水切りは、1つ4mの製品なので、必ずジョイント部分がでてきます。

つまり、4mの土台水切り同士を、くっつけて家の外周の長さにしてるんですよね。

ですが、雑な会社はちゃんとくっつけてない場合があります…
くっついてないとダメなの?

じつはこの土台水切り、その名の通り、水を切る役目があります。

ところが、きちんとくっついてないと、水がちゃんと切れずに、とどまったり土台側に流れてしまうことがあります。

すると、床下が湿気やすくなりますし、土台も傷みやすくなるんです。

つまり、「長く住む」ことをちゃんと考えた造りではないんですよね…

湿気は家の大敵!シロアリに喰われたり腐りやすくなって、家が短命化します

もし、完成見学会に行くときは、土台水切り同士がすき間なく、きちんとくっついているか、確認してみてくださいね。

完成したお家の外からでも確認できますよ(*’▽’)

丁寧さが判断しやすい工事②:床下通気口

床下通気口を見てみましょう!
床下通気口って?
お家のこの↓部分です。土台水切りの裏側です
床下通気口

わざわざしゃがんで確認すると露骨なので、スマホで写真を撮ってみてください。

この通気口が、埋もれてなければOK。

逆に、モルタルなど、掃除しても取れないもので埋まりかけなら要注意です。

なんで埋まってたらダメなの?
床下の通気が悪くなるからです

この床下通気口は、その名の通り、床下に通気をとるための穴です。

当然、埋もれていると、床下に湿気がたまりやすくなります。

すると、土台や柱が傷みやすく、シロアリにも喰われやすくなります。

つまり、家が短命化しやすい造りなんですよね。

※床断熱工法のお話です。基礎断熱工法にはあてはまりません。

どうしてこの2つの工事で丁寧さが判断できるのか?

土台水切りと床下通気口のこと、知ってました?
こんな細かいこと知らないわよ…
そう、お客さんが「知らないこと」「気づかないこと」は、ごまかして工事する会社も、実際あるんですよ

じつは、土台水切りや床下通気口の工事は、特別な法律やチェック項目がありません

なので、しっかりジョイントできてなかったり、通気口が多少埋もれていても、「大丈夫ですよ!」という住宅会社もあります。

ですが、私はそうは思いません。

本当に「お施主さんが長く住めるように、傷みにくい家を造ろう!」と考えるなら、気を配るところだと考えています。

なんでこんな工事になるの?
コストカット、勉強不足、監理の甘さかなと思います

本当に信頼できる住宅会社とは?

本当に信頼できる会社は、たとえお客さんに気づかれなくても、住む人のことを考えて、配慮ある工事をすると、私は思います。

そうは言っても、工事だけで信頼度を判断するのもなぁ
それなら、担当営業マンだけでなく、他の社員を見てみるのもいいかもです

家づくりは、たくさんの人が関わります。

なので、信頼できる住宅会社は、社員全体の人柄や対応が良いと、私は思います。

あとは、社員に元気と活気があります。

やっぱりムリな労働をさせる住宅会社は、社員の顔が暗いですし、事故やいい加減な工事につながるので…

人を見るって、意外と大事なんだね!

もちろん、他の「丁寧さが判断しやすい工事内容」を思いつきしだい記事にするので、ブックマークしていただけるとうれしいです♪

更新情報はツイッターで発信してますので、そちらもフォローしていただけたら励みになります↓