STEP0 家づくりはじめの一歩

失敗しらず!家づくりで大切にしたい3つの考え方

家づくりに失敗しない3つの考え方
家づくり絶対失敗したくない!でもこれだけ情報があふれてるのに、どうしてみんな失敗してしまうんだろう…?なにか根本的に大切なことがあるのかな?

こんな疑問におこたえします。

この記事を読むと

・家づくり失敗の大きな原因がわかる
・満足のいく家づくりにつながる、2つの考え方が身につく

設計士として、自らの家づくり経験者として、「満足のいく家づくりをした人」がもっている考え方をみつけましたので、お話します。

家づくりに失敗する大きな原因とは

家づくり失敗の大きな原因は

・完璧を求めすぎている

ことです。

一生に一度の買い物だから、失敗できない…いっぱい調べて考えて完璧にやらなきゃ…

情報をあつめて考えて話し合って…それだけ必死になるのは、あなたが自分と家族の幸せを真剣にねがっているからです。とても素晴らしいことです。

ですがもし、その真剣さがかえって失敗をまねいているとしたら、とても悲しいことです。

家に求める「完璧」は、ときが経てば変わります。家には「柔軟さ」や「余白」も必要なんですよ。

住みはじめると、子供が大きくなる、巣立つ、生活や仕事も変わる…「建てたとき」が完璧でも、「建てたあと」完璧かどうかは、誰にもわからないんです。

住んでからの「こうしておけばよかった」を「失敗」ととらえず、「工夫して住みやすくなる柔軟さをもった家にしよう」くらいの意識で大丈夫です。

 

満足のいく家って、どんな家?

もし、あなたが満足できる家を建てたいのなら

・便利をこえる、「好きになれる家」
・リラックスできる「心地のいい家」

をめざしてみてください。

便利をこえる、「好きになれる家」

便利や使い勝手も大事じゃない?
たしかに大事です。ですが、満足できる家にはそれ以上に「好き」という感情が大切だと思いますよ。

あなたがずっと大切に持っている物や人の共通点ってなんでしょうか?それはやっぱり「好き」のはず。多少不便があっても、許せるのではないでしょうか。

家は、すぐに捨てたり、新しいものを用意なんてできません。必ずお手入れをしないといけません。

それを喜んでできる家、未来もずーっと住んでいたい愛着のもてる家。そんな家に住めることが、満足につながりますよ。

完璧よりも、好きになれる家を目指しませんか。

リラックスできる、「心地のいい家」

高性能で快適な家を建てろってこと?
じつは、高性能=心地いい ではありません。あなたが心からリラックスできることが何より大切です。

最近は家を数値であらわしますが、高性能だからといって、心地がいいわけではありません。ここをまちがえないように注意しましょう。

これから建てる家は、あなたが一生暮らしていく家です。なので、あなたが「心地いい」と感じられる家を建てましょう。

 

失敗しない、満足できる家づくりをするために

・完璧を求めず、柔軟さをもった家
・便利をこえて、好きになれる家
・リラックスできる、心地のいい家

この3つの要素をもった家をめざしましょう。

家づくりを始めたばかりの人にオススメの本



家づくりに失敗する人の共通点
【はじめに】家づくりに失敗する人の共通点「これから家づくりを始めようと思うけど、注文住宅ってよく失敗するって聞いて不安」という方。この記事を読むと、家づくりで失敗しやすい人の考え方や行動がわかります。なんと、お家を建てた人のなかで、失敗したと感じている割合は69%!失敗しない対策をしましょう。...