間取りでお悩みの方はコチラ

「やめればよかった…」?吹き抜けは後悔だらけなのか、設計士が住んでたしかめてみた

わが家の吹き抜けの後悔
新築で吹き抜け採用したいけど、デメリットがたくさんだし、「後悔した」ってよく聞く…実際住んでる人の生の声がききたい!吹き抜けに後悔や失敗してる?

こんな疑問におこたえします。

この記事でわかること

・吹き抜けで後悔しないために、特に力を入れておくべき対策
・実際住んで、吹き抜けのどういったところに困っているのか

私は設計士で、自宅に吹き抜けをつくりました。

もちろん吹き抜けのデメリットに対策をして設計したのですが、「もっとこうすればよかった…」と後悔しているところもあります

この記事では、私が実際住んで「吹き抜けで困っていること」、「もっと力を入れてやっておくべきだった対策」をお話します。

やっぱり吹き抜けはステキ!だから後悔はありません。でも、対策不足は痛感してます…

 

実際住んで感じる「吹き抜けの後悔」

私が吹き抜けのお家に住んで、感じる後悔は

・音に悩まされる
・エアコンに頼る期間が思ったよりながい
・雪がつもったら底冷えする
・年中素足ですごせない
・エアコンの効きが遅い

です。

くわしくお話しますね。

 

吹き抜けの後悔①:音に悩まされる

1階リビングにいても、2階の夫の部屋からゲームでもりあがってる声がつつぬけなんです…
読書とかできないね…
それに、家の前はトラックがビュンビュン。その音が吹き抜けをとおして家全体に響くんです
夜眠れなさそー!!
産後の不眠もあって、けっこうストレスになりましたよ… 夫とも何回もケンカしてます
今は大丈夫なの?
耳栓とホワイトノイズがすべてを解決してくれましたね(笑)

 

吹き抜けの後悔②:エアコンに頼る期間が思ったよりながい

わが家がエアコンにたよらない期間は、1年で5ヶ月ないくらいです
5ヶ月あれば十分じゃない!?
服を調節したりと工夫してるんですよ~
子供に寝る前厚着させるのとか、めんどうだよね
ちょっとしたことですが、煩わしいんですよ

 

吹き抜けの後悔③:雪がつもったら底冷えする

たまに雪がふったときは、芯から冷えるんですよね
エアコンつけてても?
寒波はさすがにエアコン1台ではだめでした…

 

 

吹き抜けの後悔④:年中素足ですごせない

わが家は床がすべて無垢の木なので、一年中素足で味わいたかったなぁって
床暖房はいれないの?
採用しなかったんです
どうして!?
無垢の木は蓄熱してくれるので、自然の床暖房になってくれるんです
でも年中素足じゃダメなんだよね?
吹き抜けのせいで、足元まで暖まらない日がやっぱりあるんですよねぇ

 

吹き抜けの後悔⑤:エアコンの効きが遅い

わが家は、リビングのエアコン1台だけなので、はしっこのお部屋のあったまりが遅いんですよね
でも、エアコンはつけっぱなしなんじゃないの?
夏冬はつけっぱなしなのでいいんですよ。春秋の「日によってエアコンつける季節」にこまるんですよね

 

実際住んで感じる吹き抜けの「やっておけばよかった対策」

けっこう後悔あるんだね(笑)
あ、吹き抜けをつくったことは後悔してないですよ!対策不足に後悔してます
じゃあ、もしやり直せるなら、どんな対策をする?

 

私がもしやり直せるなら

・防音室をつくる
・窓の性能を高める
・断熱材を厚くする
・気密性を高める
・床の断熱を強化する
・屋根の断熱を強化する

の対策をします!

くわしくお話しますね。

 

 

吹き抜け対策①:防音室をつくる

防音室があれば、トラックの騒音、夫の話し声に悩まされることはなかったなぁって
吹き抜けをつくるなら、音には特に気を配ったほうがいいってことだね
せめて寝室は防音にすればよかったです 
静かになれる部屋が1つでもあれば、すごく快適だろうね!

 

吹き抜け対策②:窓の性能を高める

窓の性能は、どれくらいにしておけばよかったの?

窓枠:アルミ樹脂複合サッシ→樹脂サッシ

ガラス:ペアLow-Eガラス→トリプルガラス

↑くらいの性能をもたせればよかったと思ってます
どうして?
トラックの騒音、底冷えがマシになって、足元ももっと温かかったでしょうから
でも金額けっこう高いんでしょ?
じつは、窓の性能アップは費用対効果がいいんです
どういうこと?
金額のわりに、とっても快適になるんですよ!吹き抜けをつくるなら、オススメです

 

吹き抜け対策③:断熱材を厚くする

断熱材は、どれくらいにしておけばよかった?

断熱材の厚み:60mm→100mm

↑くらいの厚さはほしかったですね
どうして?
同じ会社で、100mmを採用したお家の温度をみると、底冷えがマシで、端っこまで温まりやすかったんです
じゃあ、吹き抜けに100mmは絶対ってこと?
断熱材は、「何ミリだからいい!」というわけでもないんです。種類や施工などのバランスもあるので。私が言いたいのは、「吹き抜けをつくるなら、思ったより断熱してね!」ということです 
住宅会社に断熱をしっかりしたいって伝えないとね!

 

吹き抜け対策④:気密性を高める

気密性は、どれくらいにしておけばよかった?

C値(気密性):1.2~1.3→1.0以下

窓枠まわり:気密部材なし→気密部材施工

外からの騒音を防ぐために、気密性をつきつめればよかったと思います!
ほかにどんな効果が?
足元や、お家の端っこまで速く温まりやすいです。吹き抜けはとくに1階と2階の温度差ができやすいので、気密性をちゃんともたせてくださいね

 

吹き抜け対策⑤:床の断熱を強化する

わが家は「床断熱」なのですが、「熱橋」についてもう少し考えればよかったなって
「熱橋」って?
文字通り「熱をつたえる橋」です。床を支える木と木の間にしか断熱をしてなかったので、その木からは床下の冷気が、1階床に伝わりやすかったんです
どうすればよかったの?
床を支える木から、冷気をもらわないような断熱をすればよかったと思います
それって、床下が寒いからダメなんじゃない?
床下が温かい「基礎断熱」は、あえて採用しませんでした
どうして?
床の下まで温めてしまうと、シロアリが活動しやすくなってしまうからです 
いくら床が温かくても、長持ちしないリスクは避けないとね!

 

吹き抜けをつくるのなら、「音」と「断熱気密」にしっかり対策を!

しっかり対策はしたいけど、お金がねぇ
気持ちはわかりますが、月々の支払いで考えると、すごく安いんですよ
いくらくらいの増額?
すべてやっても、月¥3,000~¥4,000のアップくらいでしょうね。外食1回我慢レベルなんです 
思ったより安いね!
それでストレスフリーで、健康な生活になるんですから、本当にやっておけばよかったと後悔してますね…吹き抜けをつくるなら、参考にしてみてください!

 

後悔ゼロ、失敗ゼロの吹き抜けをつくるために

以上、私が住んで感じる吹き抜けの後悔と、やればよかった対策でした
とにかく「音」と「性能」に気をつければいいんだね!
それだけじゃないですよ!吹き抜けにはデメリットがたくさんあります!
デメリットたくさん!?
なんだか吹き抜けをつくるのが怖いわ…
大丈夫!対策をすれば、デメリットは最小限にできますよ
吹き抜け デメリット 対策
吹き抜けは後悔だらけ?デメリットと対策を設計士が解説吹き抜けのある注文住宅にあこがれる!でも「後悔した!」って話も聞くし…と迷っている方。この記事では、吹き抜けのデメリットと対策を、自宅に吹き抜けを採用した設計士が解説します。吹き抜けは、デメリットを知らずに建てると「後悔」がまっています。でも、きちんと対策をすれば、快適で魅力的な吹き抜けができますよ。...

 

吹き抜けに憧れるけど、デメリットがたくさんあるし、やめようかしら
吹き抜けのメリットや魅力を知らずにやめちゃうと、逆に後悔しちゃいますよ!
そっか!「吹き抜けにすればよかった」って後悔もあるのよね
吹き抜けには、デメリット以上に暮らしを豊かにしてくれる魅力があるんです
吹き抜けはデメリットだらけ?住んで実感したメリットと魅力
吹き抜けはデメリットだらけ?住んでからしかわからないメリットと魅力を設計士が解説 こんな疑問におこたえします。 私は設計士で、自宅に吹き抜けをつくりました。 住んでみると、「予想外に大変だ!...

↓本当にこの間取りでいいのかな…?とお悩みの方のために、間取りの良し悪しをまとめました(*^^*)