健康・ダイエット

新情報!早×楽×キープを叶える、正しいダイエット目標のたて方【ダイエット準備Step2-2】

「3ヶ月でー10kgやせよう!」

ダイエットを決意したら、まず目標をたてますよね。

じつは、目標をたてた時点で、そのダイエット、失敗or成功がきまってしまうって、知っていましたか?

 

もし、あなたのまわりに「1日100km走るぞ!」という友人がいたとしたら、どう思うでしょう?

「いやいや、ムリにきまってるやん…」と、さすがに失敗するとわかりますよね。

ですが、なぜかダイエットになると、みんなこの「ムリにきまってるやん」な目標をたててしまいがちなのです。

(わたしも早く痩せたくて、変な目標たててました(^_^;))

つまり、人間の性質を無視してたてた目標は、失敗におわる、ということです。

 

前回の、ダイエットを成功に導く前準備Step2目標を決める では、あなたのダイエットのゴールをイメージしました。

今回は、そのゴールのために、「なにを」「いつまでに」「どれくらい」減らすのかを決めていきます。

目標をととのえて、失敗ダイエット→成功ダイエットにかえていきましょう!

 

↓「読む時間が…」という方むけ♪ 家事のあいまにききながせる、ラジオVer.

 

↓参考文献

 

 

1「理想体型」を「数値」におきかえよう

あなたの「理想の体型」に近づくためには、「身体のどこ」を「いつまでに」「どうすれば」いいでしょうか。

紙に書いてみましょう。

 

(例)
「体重」を「3ヶ月以内」に「3kg」おとす
「体脂肪」を「夏まで」に「5%」下げる
「ウエスト」を「1年以内」に「10cm」しぼる…etc

 

ありがとうございます。

いつもは、ここまで決めたら、もうダイエットはじめちゃうと思うのですが…

ちょっとまって!

あなたがたてた目標を、「ダイエットが成功しやすい目標」に、チェンジしていきましょう。

 



 

早く、楽に、ダイエットが成功する目標、3つのポイント

・数値に幅があること
・長期的(1年以上)であること
・一つにしぼっていること

これが、ダイエットが成功しやすい目標の特徴です。

それでは、あなたにあてはめて考えていきましょう。

 

1.数値に幅をもたせよう

 

目標は「あいまい」にしておくことで、達成率がUPします。

もしあなたが、体重を「5kgおとす」と決めていたなら、
「3~6kgおとす」というように、幅をもたせた数値にかえてみてください。

よく、ありませんか?

「3ヶ月でー10kgおとすって決めてたのに、2ヶ月でまだ5kgしかおちてない…」

と、テンションがさがってしまうこと。

目標に幅をもたせることで、モチベーションをキープでき、ダイエットが成功しやすくなります

 

2、長期的にゆっくりと実行する

目標達成までの期間は、1年以上にしてください

「3ヶ月でー10kg」→「1年でー10kg」というように。

なぜなら、短期的なダイエットは、必ずと言っていいほど失敗します。

そのリバウンド率は95%です。

1年以内のダイエットは、むしろ太るので、無意味だということです。

(出典:ウィルパワーダイエット/メンタリストDaiGo著/マガジンハウス)

 

よくSNSで見ませんか。

「2ヶ月で-10kgおとした!」なんて。

実は、このあと、95%の人がリバウンドしているんです。

ネットやSNSでは、成功しているところが目につきやすいので、「自分も2ヶ月でおとせる!」ってなっちゃうんですよね。

 

どうして、短期ダイエットは、リバウンドしてしまうのでしょうか。

理由は2つあります。

・食欲UPにつながり、ドカ食いをしやすくなる

・脂肪をためこみやすくなる

からです。

(出典:メンタリズム禁煙法/メンタリストDaiGo著/SBクリエイティブ)

(出典:ウィルパワーダイエット/メンタリストDaiGo著/マガジンハウス)

 

2ヶ月で急にやせたら、カラダがびっくりしちゃうんですよね。

「命の危険だ!戻さないと!」って。

だから、食欲がふえたり、食べたものをためこみやすくなっちゃうんです。

生存本能に、根性うんぬんでたちむかうことはできません

結果、もとのおデブボディにもどってしまうんです。

人間のメカニズムってすごいですよね。

もし、あなたがリバウンドしたくないのなら、目標は1年以上かけて、ゆっくりかなえていきましょう。

 

3、目標はたった一つだけにする

わたしたちは、マルチタスク状態が、苦手です。

マルチタスクとは、いくつものことを同時にやることです。

つまり、一つの目標に全力で集中することで、達成率がupします。

 

といっても、

「体重も落としたい!」「二の腕も絞りたい!」「体脂肪も落としたい!」

というのが、本音ではありませんか?

気持ちはすっごくわかります。でもここはぐっとこらえてください。

小さな目標をたてて、1つずつ、確実に、クリアしていくよう心がけてください。

 

必ず達成できる目標を、一つだけ決める

達成する

新しく、必ず達成できる目標を一つだけ決める

達成する

このように、小さな成功をたくさん体験しましょう。

そうすることで、「あ、わたし、やればできるやん♪」と自信がつきます。

すると、モチベーションもUP。

どんどん行動できるようになって、スルスルっと痩せていきますよ。

 


といっても

「全身スリムになりたい!目標1つにしぼれない!」

というあなた。

オススメがあります。

ウエストを絞りましょう。

ウエストのお肉は、いっちばん落ちにくいです。

逆に、ウエストが落ちるときは、先に二の腕や太ももなど、ほかのお肉はすでに落ちている、ともいえます。

ウエストをしぼるには、体脂肪をおとさなければなりません。

体脂肪をおとすには、食事をみなおさないといけないので、しぜーんに体重もおちます。

体重も、体脂肪も、腕も、足も、おしりも落としたい…と考えているなら、この際「ウエスト」にフォーカスしてみましょう!

 

 



 

もう一度目標を考えてみる

・数値に幅をもたせる
・長期的な目標にする
・目標部位は1つにしぼる

この3つが、ダイエット達成率をUPさせてくれるポイントです。

あなたがはじめに考えた目標を、もういちどみなおして、書きかえてみましょう♪

 

最後に

といっても、「成功しやすい目標」をたてたからといって、やせるわけではありません。

痩せるためには、なにが必要でしょう?

そう、行動です。

せっかく良い目標をもっていても、行動しなければ結果はついてきません

 

ここで、

「行動はあなたのやる気しだい!」「あとは根性でがんばって!」なんて、つきはなしたりしないのでご安心ください。

行動しやすい方法、続けやすい方法、きちんとあります

 

人間は、あたらしいことを始めるのが苦手です。

まして、続けることは、もっと苦手にできています。

なので、根性論だけでは、ダイエットは成功しません

 

まずは、「失敗してしまうダイエットの特徴」をしりましょう

あなたのダイエットが失敗してしまうのは、なにか理由があるのです。

もちろん、「続ける根性がないから、意志が弱いから」というのは、思い込みですよ。

あなたがダイエットに失敗するパターンを自覚しましょう。

すると、ハッときづいて、ぬけだすことができます。

失敗しやすいダイエットをさけて、スムーズにダイエットの成功を目指していきましょう!

次のステップ>>ダイエットの失敗パターンを知る

 



あなたにオススメ
健康・ダイエット

体調を改善するための、はじめの第一歩

9月 8, 2019
ママ設計士の家づくりブログ
前回の産後の崩れた体調の整え方では、ヘトヘトなママでも体調改善できる、日常生活での意識についてご紹介しました。 出産後、寝こむほど体調を崩したり、歳をとったなぁと感じていませんか …
no image 健康・ダイエット

「ストレス解消は、食べること!」なあなたに朗報!ストレスDOWN&痩せる食品で、楽にダイエットしちゃおう♪

4月 18, 2020
ママ設計士の家づくりブログ
「痩せたい!でも、わたしって食べることがストレス解消なんだよね…」 というあなた。 ストレス解消のために食べているものが、逆にス …