健康・ダイエット

リバウンド必須!?ダイエット中にやってはいけない4つのこと【ダイエット準備Step3】

前回→新情報!早×楽×キープを叶える、正しいダイエット目標のたて方【ダイエット準備Step2-2】

 

「どのダイエットをやっても、いつもうまくいかない…本当にやせられるダイエット法ってどれなの!?」

とお悩みのあなた。

実は、ちゃんとやれば、どのダイエット法でも痩せられる、というのはご存知でしたか?

つまり、あなたのダイエットが失敗してしまうのは、ダイエット法が悪いのではありません。

ダイエットのやり方です

ダイエットが失敗してしまう、「あること」をやってしまっているのです。

 



 

この記事では、「ダイエット中にやってはいけないこと4つ」をご紹介します。

この記事を読んでもらうことで、

「だからいつもダイエットに失敗してたのか!」と気づけるようになります。

すると、「じゃぁ、別のやり方をためしてみよう!」と、工夫をしやすくなります。

そして、「なんだこんなことで痩せられたのか!」と、スリムな自分を鏡でみて、ニヤニヤできるようになりますよ。

 

まずは、4つのパターンのうち、いくつあてはまっているか、☑してみてくださいね。

 

↓家事しながらダイエット知識がみにつく、ラジオVer♪

 

ダイエット中にやってはいけない4つのこと

 

☑ 1、急激な変化を求めすぎる

1年以内の短期的なダイエットは、ほぼ失敗します。

短期ダイエットのリバウンド率は95%です

短期ダイエットは、むしろ太ってしまうので、やるだけ無駄、ということです。

(出典:ウィルパワーダイエット/メンタリストDaiGo著/マガジンハウス)

 

「2ヶ月で-10kg達成!」

SNSでよくみかけますよね。

ですがこのあと95%の人が、リバウンドしているのです。みせていないだけなのです。

ネットでは、いいところが目につきやすいので、「わたしも短期間でやせられる!」って誤解しちゃうんですよね。

 

2016年、コペンハーゲン大学の研究では、痩せた体重に、カラダがなじむまで、1年かかる、という結果を示しています。

つまり、1年以上続けられるダイエットでなければ、リバウンドしてしまう、ということです。

もし、あなたがリバウンドなしで、ずーっと理想体型をキープしたいのであれば、ダイエットは1年以上かけてやりましょう

 

おすすめ記事

↓「1年以上のダイエットなんて、どうやればいいの…?」というあなた
産後ヘロヘロな体でも、帝王切開でたるんだウエスト-16cmのダイエットに成功した話【ダイエット記録0】

 

↓参考文献

 

 

☑ 2,ダイエットに成功したイメージをする

「痩せたら、おしゃれもできるし、おでかけも楽しくなるし…」

ダイエットをはじめたときは、痩せたときのこと、たくさん考えますよね。

ですが、成功イメージをしすぎると、ダイエットは失敗しやすくなってしまいます

なぜなら、イメージで満足してしまい、行動にいたらないからです。

心理学者のシェリー・タイラー氏によると、「成功イメージは、気分はよくしてくれるが、モチベーションはさがり、努力をしなくなる」といわれています。

「え!?でも、強くイメージすれば叶うんじゃないの…?」というあなた。

引きよせの法則、あれは嘘です。

(参考: 引き寄せの法則と自己啓発の嘘/心理分析してみた! Mentalist DaiGo Official Blog

 

もし、あなたがダイエットに成功したいのなら、

・「ダイエットのデメリット、壁」をリストアップ→対策をねる

・ダイエット成功までの、「具体的な行動、プロセス」をかんがえる

ことが、大切です。

もちろん、くわしいやり方は、この「ダイエット準備シリーズ」でご紹介していきますね。

☑ 3,失敗だと決めつけて自己否定

「おかし、3日しかガマンできなかった…今回もダイエット失敗だ…わたしは意志が弱いなぁ…」

というように、ダイエットルールをやぶってしまって、自分を責めてしまうこと、ありませんか?

じつは、自己否定で、太りやすくなります

自分をせめると、コルチゾール(ストレスホルモン)が分泌されます。

コルチゾールによって、「今の状態をキープしなきゃ!」と、からだが反応します。

なので、おかしをガマンしても、運動しても、痩せにくくなってしまうのです。

さらに、やる気がダウンし、そもそもダイエットが続かなくなります。

自己否定=ダイエットの敵なのです。

(出典:一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書/鈴木祐著/扶桑社)

 

といっても、できないと自分を責めてしまいがちですよね。

そんなときは、

1,できなかった理由をさがし、対策をねる

2,1回のミス=失敗 ではなく、「息抜き」だととらえる

3,たちなおった回数を、カウントす

がおすすめです。

 

おすすめ記事
↓「ダイエットが続けられない!」という方
自分を責めていませんか?あなたが継続できない本当の理由↓「食欲がとまらない…」という方
「○○やめたとたん、スルスル痩せた!?」とまらない食欲の正体が判明した件

 

↓参考文献

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

一生リバウンドしないパレオダイエットの教科書 新装版/鈴木祐【1000円以上送料無料】
価格:1430円(税込、送料無料) (2020/3/26時点)

楽天で購入

 

 

 

☑ 4,禁止ルールをつくる

「ダイエットはじめたから、おかしはガマン!」

というように、ダイエットでは、「○○してはいけない」というルールを、つくりがちですよね。

じつは、禁止ルールは、「ドカ食い」をひきおこします

 

よくありませんか?

おかしガマンしてたけど、友達がお土産でくれたおかしを、「もらい物だし食べないと悪いから…」と、ついパクっと。

すると、「おかし食べちゃったし、今日はもういいや!」とタガがはずれ、ギトギトラーメン、ポテチ、油たっぷりの揚げ物、菓子パン、おかしを、つぎつぎ口に…

そして、「あーやっちゃった…もうダイエットはいいやぁ」と、どうでもよくなって、リバウンドしてしまう。

というようなこと。

 

これを、「どうにでもなれ効果」とよびます。

禁止ルールをもうけると、この「もうどうにでもなれ効果」があらわれやすくなります。

そして、ダイエットが失敗しやすくなります。

ダイエットのルールをつくるときは、「○○してはいけない」ではなく、「○○のかわりに××する」というように、おきかえルールをつくりましょう

(出典:メンタリズム禁煙法/メンタリストDaiGo著/SBクリエイティブ)
↓参考文献
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

メンタリズム禁煙法 [ メンタリストDaiGo ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2020/3/25時点)

楽天で購入

 

失敗しやすいダイエット、いくつあてはまった?

 

・急激な変化をもとめすぎる

・成功イメージをしすぎる

・失敗だと決めつけて自己否定

・禁止ルールをもうける

 

この4つが、失敗しやすいダイエットです。

あなたは、いくつあてはまりましたか?

じつは、わたしはすべて、あてはまっておりました!笑

なので、一度もダイエットに成功したことがなかったです。

ですが、今では、ウエスト-16cmの産後ダイエットに成功。もちろん1年たった今でもリバウンドなしです。

それは、この失敗パターンをさけて、ダイエットをしたからだと思っています。

ぜひあなたも、この失敗パターンをさけて、ダイエットにチャレンジしてみてくださいね!

 

「やっちゃいけないダイエットはわかったけど、どんなダイエットをすればいいの?」

という、そこのあなた。

次のステップからは、ダイエットに成功するための、「行動」をきめていきます。

やっぱり、「行動」しなければ、痩せません。

次のステップで紹介する、「心理対比」というテクニックを実践してもらうことで、ダイエット成功率は、なんと2~3倍までUPするといわれています。

もし、「どうせ、次もダイエットに失敗するんだろうな…」と、心のどこかであきらめているのなら、ためしてみると面白いですよ♪

次→ダイエットを成功に導く前準備step4ストーリーを描く