STEP0 家づくりはじめの一歩

【はじめに】後悔しない家づくりのためにやるべきこと

後悔しない家づくりのために、始めにすること
これから家づくりを始めたい!よく「注文住宅は後悔する」って聞くけど、そうならないためのコツってあるの?

こんな疑問にこたえます。

この記事の内容

後悔しない家づくりのための
・やるべきこと
・やってはいけないこと
・もつべき考え方

わたしは設計士です。たくさんの家づくり経験者をみるので、「ここをおさえてる人は後悔が少ないな」と共通点をみつけることができました

また自分の家づくりも経験しているので「やっぱここが大事」と感じたこともお話できます。

「細かいことはわからん!」という人も、家づくりにとって大事な、スタンスや考え方がわかるよ!

↓ラジオVer. 家事や通勤のお供にどうぞ!

 

後悔しない家づくりのためのポイント

この3つです。

・できるだけ時間をさいて情報収集をする
・絶対に急いで決めてはいけない
・後悔しない考え方を知っておく

順番にお話しますね。

なお覚えておいてほしいことは、家づくりのどの段階でも、この3つを意識することです。

家づくりはすすめるほど情報も考えることも多くなります。いつのまにか大事なことを忘れちゃうので、今のうちにたたきこんでおきましょう!

 

できるだけ時間をさいて、情報収集をする

え!?こんなこと知らなかった!あの時アプリゲームなんかせずにしっかり調べとけば…

家づくりの後悔といえばいろんな項目がありますが、共通しているのは「知らなかった…」がまねく後悔です。

「知らなかったから」間取りが…「知らなかったから」住心地が…というように。

といっても、子育てや家事仕事でとれる時間はかぎられますよね。だから「自分ができるだけ」です。

ふりかえって「あのときの私はやれるだけやった!」と言えればあきらめもつきます。妥協しちゃダメということですね。

住宅会社の情報を収集する 

 

絶対に急いで決めてはいけない

とにかく早く新築に住みたいし、キャンペーンで安かったから勢いで建てたけど、もっと考えればよかった…

「急ぐ」は、家づくりで1番やってはいけないことです。

「子供が小学校に入るまでに!」など事情はあると思いますが、「この先50年以上、自分たちの人生をまかせる家」と考えてみてください。

家づくりで後悔していない人は、おどろくほど慎重です。急かすメーカーもありますが、自分が心から納得できているかを大事にしましょう。

 

後悔しない考え方を知っておく

この部分思ったようにならなかった…ここも、ここも、失敗だらけやわ…あの時こうしておけば…

じつは家建ててすぐのわたしは、こんな感じでした。

「一生に一度の家づくりだから失敗はゆるされない!」という考え方だったので、ちょっとの失敗=後悔になっちゃったんですよ。

「自分から」後悔しにいかないためには

・家づくりには小さな失敗はかならずある
・悔いが残らないようにやりたいことをやりきる
・住まないとわからないこともあるから、後から工夫しよう
・前に比べて家族みんなが豊かになっていればいい

このような考え方をもっておくのがオススメです。

余計な力がぬけて、楽しく家づくりができますよ!
せっかく建てたお家は好きでいたいですもんね。

家づくりは十分調べて、考えて、覚悟すれば後悔しない

やるだけやったし、考えるだけ考えた。だからあとはもうこの家と付き合っていく覚悟をしよう

ここまでくれば、後悔しない家づくりができたといえるでしょう。

家づくりってめーっちゃ疲れます。調べたり考えたり時間をつくらないといけないうえ、早くても1年は住み始めるのにかかります。

ですが乗り越えたさきには、「建ててよかったね、幸せだね」といえる暮らしが10年、20年…とまっています。がんばってください!

家づくりに失敗する人の共通点
【はじめに】家づくりに失敗する人の共通点「これから家づくりを始めようと思うけど、注文住宅ってよく失敗するって聞いて不安」という方。この記事を読むと、家づくりで失敗しやすい人の考え方や行動がわかります。なんと、お家を建てた人のなかで、失敗したと感じている割合は69%!失敗しない対策をしましょう。...