STEP1 自分たちが求める家を知る

後悔しない家づくりのために、夫婦で最初に話し合うべき3つのポイント

後悔しない家づくりのために夫婦で話し合うこと3つ
注文住宅ってあれもこれもステキで目移りしちゃう!でも流されすぎると失敗しちゃう気も…ブレないためにはどうすればいいの?

こんな疑問におこたえします。

この記事を読むと

・あなたにとっての家づくりの道しるべがわかる
・家づくりの目指すべきゴールがわかる

家づくりは平均15ヶ月という長期戦です。決めることがたくさんあります。家づくりの目的をハッキリさせておくことで、迷ってしまったときの判断基準になります

自分たちが家づくりで1番大切にしたいことはなにか、夫婦で共有しておくことが、後悔しない家づくりにつながりますよ。

参考文献:住む人が幸せになる家のつくり方/八納啓造著/サンマーク出版

↓ラジオVer. 家事や通勤のお供にどうぞ!

 

後悔しない家づくりのために、3つのことを話し合おう

夫婦で家づくりの目的を共有するために、

・どうして家を建てたいのか?
・家を建てようと思ったきっかけは?
・今住んでる家は、なにが良くてえらんだのか?

の3つのことを話し合ってみましょう。

大切にしてほしいことは、すべて自分たちの幸せにつながる理由がかくれているので、それをさがすように話し合うことです。

深堀りせんとあかんってことやね!

 

どうして家を建てたいのか?

うーん、なんとなく?一軒家にあこがれがあったし…
その調子です!ではどうしてあこがれていたのでしょう?

はじめにでてきた理由に「どうして?」を3~5回なげかけてみてください。そうすると、家を建てることで叶えたいことがわかるようになります。

>>家を建てる目的はこうやって深堀りする!わが家も話し合った10のテーマ(執筆中)

家を建てようと思ったきっかけは?

家賃より自分の家にお金かけたほうがお得かなって!でもお金がきっかけってあんまりよくない?
きっかけは何でもOKですよ!深堀りして本当に求めていることを見つけましょう 

たとえば↑の場合、もとをたどれば「自分たち家族のためにもっとお金をつかいたい」という気持ちがあるのではないでしょうか。

すると、家づくりをするうえでは「本当に自分たちの幸せのためのお金の使い方ができているのか?」という判断基準がもてますね。

今住んでる家は、なにが良くてえらんだのか?

う~んそもそも今の家あんまり気に入ってないけど…強いて言うなら、駅が近いし、ほどよく静かなところかな?
今の住みかをえらんだ理由をふりかえることで、大切にしたいことを再確認できることもあります

たとえば↑の場合、「そうだ、今のアパートをえらぶ時は、騒音でなかなか眠れないことに悩んでた…わたしにとって静かな環境って大事だったんだ」と気づくことができます。

今満足していることって見落としがちです。失われて初めて気づきます。この機会にしっかりふりかえっておきましょう。

 

目的をハッキリさせ共有しておけば、後悔しない家づくりができる

後悔しない、ブレない家づくりのためには、自分たちの幸せにつながる理由をさがしながら、家を建てる目的をハッキリさせましょう。

このページをとじたあとは、さっそく紙とペンを用意してどんどん書き出してみてください。行動することが大事ですよ!

後悔しない家づくりのために、始めにすること
【はじめに】後悔しない家づくりのためにやるべきこと「これから家づくりを始めたい!1番始めにやるべきことって?」という方。この記事では、後悔しない家づくりのために やるべきこと、やってはいけないこと、もつべき考え方をご紹介。家づくりにとって大事な、スタンスが身につきますよ。...