マイホームでDIYしたい方はコチラ

素人がやってはいけない外構DIY【家建てた建築家が解説】

素人がやってはいけない外構DIY
新築したし、お庭もステキにしたい!でもほとんど予算残ってないし、安くすませたい!いちからDIYやっちゃおっかな~
お庭のDIYは、大きいトラブルになるものがあります!
お庭のDIYでトラブル?
この記事を読むと

・素人が手をだしてはいけないお庭DIYがわかる
・お庭DIYにひそむリスクがわかる
・リスクを最小限にする方法がわかる

私は、設計士であり、家を建てた2児のママです。

お庭をDIYしたい気持ち、よくわかります!(安さ、思い出、オリジナリティ…etc)

ですが、設計士としては、「これ知らない人多いよな…結構危ないことなのに」と感じるお庭DIYがあります。

これを読んでるあなたは、リスクを考えられる注意深い方。

あなたならきっと安全でステキなお庭をつくれますので、参考にしてみてくださいね。

DIYするかどうかの判断材料に♪

 

素人がやるとリスクが大きいお庭DIYとは?

私が設計士としてオススメできないお庭DIYはこちら!

素人がやってはいけないお庭DIY
お、多いのね…
どうしてダメなの?

素人にお庭DIYをオススメできない理由は?

設計士として、素人のお庭DIYがオススメできない理由は

①法律違反になる
②危険、壊れる
③家を傷める

という大きいリスクが考えられるから。

DIYでこんなことになるの!?

くわしくお話しますね。

①法律違反になる可能性がある

法律違反になる可能性があるお庭DIY

↑赤字のDIYは、法律にかかわります。

たとえば、

・塀
・門柱
・壁

をDIYするときは、

CBを積んで門柱をつくる

このようにCB(コンクリートブロック)を積みますよね。

このCBの工事には、「こう作らないと危険ですよ」という決まりがあります。

たとえば鉄筋の太さ、間隔、定着長さ、先端処理、基礎の深さ、積む高さ、控え壁などなど。

な、なに言ってるかわからない…
CB工事は、きちんとした設計がいるんです

 

ちょっとまってください、今、こう考えませんでしたか?

Youtubeで紹介されてる通りにやればいいじゃん!
法律違反なんて、バレないでしょ♪

というように。

法律はなんのためにあると思いますか?
え、それは…

そう、安全のため。

とくに建築の世界は、人が亡くなって、二度と起こらないように改正して…のくりかえしで、今の法律があるんです。

つまり、法律をやぶれば、人が死ぬかもしれないんです。

お、大げさな…

と思うかもしれませんが、実際、CB塀の下敷きで亡くなった子供もいます。(参考:朝日新聞

それに、万が一のときは、持ち主の責任になります。

実際、6000万円以上の損害請求があった事例もあります。(参考:株式会社耐震設計

じ、自分が作ったものが…と考えるとゾッとするわ…

 

倉庫や物置の設置はDIYでオススメしない

そのほか、

・小屋
・物置
・屋根付きの駐車場、駐輪場

は、建ぺい率という法律にかかわります。

知らずにDIYすると、いつのまにか違法建築物になる可能性があります。

建ぺい率って?
土地を「建物」で覆っていい割合ですよ

勘の良い方は、「え、小屋や物置、駐車場も「建物」になるの?」と思ったかもしれません。

そう、「建物」になるんです(※造りや自治体の判断による)

なので、建ぺい率60%までの土地に新築して、建ぺい率が59%だったとします。

そこで、知らずに小屋をDIY。結果建ぺい率が61%になり、法律違反!ということにも。

そもそも何がだめなん?
だって家建てたあとなんて、わざわざチェックしにこないでしょ?
後々困ることもあるんです

たとえば、数十年後といえば…?そう、リフォームや建て替えですよね。

バリアフリーや耐震改修、子供に土地をゆずって、建て替えさせてあげるということも。

なんと、違法な物があれば、建て替えやリフォームができなくなる可能性があるんです。

え、どういうこと!?

 

もちろん、建て替えや大規模のリフォームには、確認申請がいります。

確認申請って?
建築確認申請とは、「これからする工事が、適法かどうかチェックしてもらうこと」です。
確認申請がおりて、はじめて工事できるんだね!

ですが、違法建築物がある場合、この確認申請がおりないんです。

そもそも、DIYする規模によっては、たとえ小屋や駐車場でも、確認申請をとおさないといけない物があります。

確認申請がいるのに、だまってDIYしちゃってる時点で、違法建築物になります。

これは、じっさいのお客様であったお話ですが…

そのお客様は、むかしお家のとなりに屋根つきの駐車場をつくりました。

30年後、古くなった家を建て替えることになりました。

新築の打ち合わせもすすんで、いざ確認申請をだしてみると…

「なんですかこの駐車場は?これは違法建築物ですよ」と審査員からいわれてしまいます。

なんと、昔つくった駐車場は、確認申請がいるにもかかわらず、だしてなかったんです!

「この駐車場があるかぎり、新築の許可をだせませんね」

なくなく、その駐車場をこわすことになりました。

もちろん、壊してつくりなおす予算なんてとっていません。

「ちゃんとあのとき手続きしてれば…」

と後悔したのは言うまでもありません。

駐車場つくっただけなのに…
将来こんなことがおこるのね…
じゃあ、法律のことちゃんと調べてDIYすればいいんじゃ?
じつは、土地や区域によって、適用される法律って幅があるんです。なので、「建ぺい率○○%ですよ!」と断言もできないです。さらに作るものによっても制限の内容がかわるんです
それじゃあ、調べ方すらわからないわ…

 

②危険、壊れる

素人にオススメしないDIY 基礎

↑赤字は、素人判断でつくると壊れやすく危ないです。

基礎をうつといえば?よくあるのはフェンスですよね。

フェンスの基礎打ちは素人にオススメしない

↑のように、フェンスの足元にCBやコンクリートをうめて、基礎をつくりますよね。

フェンスたてるだけだし、テキトーでいいでしょ♪

と思われがちですが、台風時に、フェンスはものすごい風をうけます。

基礎がちゃんとつくられていないと、あっという間にたおれます。

さらに、たおれた先に人や家があれば…

お、思ったより大惨事になりそう…
じゃあしっかり作ればいいんだね!
どれくらい強くすればいいの?
それは、ハッキリ言えません…

じつは、フェンスの基礎は「このように作りなさい」という法律がありません。

つまりプロの業者は、上モノにあわせて「これくらいの強さで作ろう」と経験値から決めているところがあります。

経験がなせる技なのね…
Youtubeどおりに作れば…というわけじゃないんだ
わたしもDIYしたくてフェンスの基礎設計しましたが、正直胸張って大丈夫!とは言えませんもん…

 

③家を傷める

駐車場やアプローチは素人がDIYしてはいけない

↑のDIYは、素人がやると家を傷めるかもしれません。

なぜなら、庭の水はけが悪くなるから。

水はけの悪さが、どうして家のダメージになるの?
家は湿気に弱いからですよ

お庭に水がたまれば、そのぶん湿気ます。

そして、お家の壁内の結露につながり、柱や土台が腐りやすくなります。

さらに、シロアリはじめじめが大好き。

いつのまにか家が喰われていた!ということも。

お庭の水はけの悪さが、家の寿命にかかわるなんて…
お庭の水はけの大事さ

さらに、大雨時に、お家が浸水するリスクもあります。

浸水してしまったお家は…もちろんかなりのダメージをおいますし、修繕費用もかかります。

そもそもなんで、DIYだと水はけ悪くなるの?
水勾配がきちんととれないからですよ

水勾配とは、水がしかるべきところに流れるようにつくる、わずかな坂道です。

その水勾配をうつのは、とてもむずかしいんです。

「アプローチなんて簡単♪」「駐車場なんてモルタルうつだけ♪」と見えてるかもしれませんが、じつは技術がいることなんです。

たしかに、モルタルなんてほぼ液体だから、ほっといたら平らになるよね
どうやって坂道つけるのか、想像できないわ…

リスクが大きい外構工事はプロに頼もう!

ここまで読んだ方、こう思いませんか?

プロってすごー!!
わたしたちが気づかないところで、いろんなこと考えてるのね
素人がやってはいけないお庭DIY

これらの外構工事は、DIYせずにプロにたのみましょう。

プロなら、安心安全に、使いやすく長持ちするお庭をつくってくれます。

安くすませたいし、相見積もりとってみようかな♪
手あたりしだいに見積もり請求はオススメしませんよ!
どうして?
家を傷めるお庭をつくる業者がまじってるからです…
そ、そんな業者いるの!?
くわしくは↓でお話してます
新築外構業者の選び方
新築の外構業者の選び方【家建てた建築家のオススメ】お家を傷めるNG外構もご紹介「新築したし、お庭もステキにしたい!外構業者ってどう選べばいいの? 」という方。これを読めば、「家の寿命をちぢめるお庭」「設計士の目線からオススメの外構業者」「安い、ステキ、安心を叶えてくれる外構業者の選び方」がわかります♪私は設計士であり、家を建てた子育てママです。その視点からオススメの外構業者の条件をお話します。...
安全な外構業者があつまってる見積もりサイトってないのかな?
私が唯一オススメできるサイトがありますので、もし興味あれば見てみてくださいね。理由は↑の記事でお話してます

設計士が唯一オススメできる、外構一括見積もりサービス【無料】

 

どうしてもDIYしたいなら!リスクを減らす方法

リスクはわかったけど、やっぱりDIYしたいんだよね
DIYでもリスクを減らせないかしら
めっちゃ宣伝になりますが、私のYoutubeかブログをチェックしてもらえると嬉しいです

じつはわが家、新築時の外構費用¥0ーなんです。

節約と楽しみのために、いちからお庭づくりをしてもう3年目。

まっさらなお庭が、ここまで成長しました。

いちからお庭DIYして3年目
ここまで自分でできるの!?
でもDIYのリスクは?
家へのダメージや安全性も考えて、きちんと設計したうえでやってます

今後はYoutubeやブログで、どのような法律があるのか、危険性を考えてどのようにつくらないといけないのかを解説しながら、お庭DIYを紹介していく予定です。

これ見とけば、安全なお庭DIYできるかも♪

わたしのYoutubeチャンネルはこちら

 

あなたにオススメ
ハンガーラック DIY 費用 マイホームでDIYしたい方はコチラ

【新築DIY】ハンガーラックDIYの費用は?材料は?簡単に作れる?必要なものをまとめてみた【ズボラ主婦が作ってみた】

8月 23, 2020
ママ設計士の家づくりブログ
こんな疑問にお答えします。 私は、設計士であり、家を建てた2児のママです。 そして、新築に天井からつるすハンガーラッ …
ハンガーラック 高さ マイホームでDIYしたい方はコチラ

【新築DIY】ハンガーラックの高さはどう決める?設計図を4ステップで描いてみよう!【設計士が解説】

8月 16, 2020
ママ設計士の家づくりブログ
こんな疑問におこたえします。 私は、設計士であり、家を建てた2児のママです。 そして、新築にハンガーラックをDI …