庭づくり

初心者でも100円ショップでできちゃう、植えかえ5つのステップ

こんにちは、SaChiです。

ずぼらで超めんどくさがりな主婦です。

「観葉植物を家におきたいけど、なんか大変そう…」

というあなた。

今回は、観葉植物の植えかえ方を、余計な手間をはぶきにはぶいて、ご紹介します!

必要な道具は100円ショップでぜーんぶそろっちゃいます。

しかも、5分でできるというお手軽さ。

一緒に、おうちグリーンを楽しみましょう♪

 

▼動画でパパッと植えかえしちゃおう♪

 

 

デスク上の観葉植物は、子供の集中力を2倍にUP

観葉植物をおくことで、いやされたり、おうちが華やかになりますよね。

じつは、植物のすごいところはそれだけではありません。

自然がゆたかな場所で勉強すると、集中力が2倍にUPするという研究結果があります。

さらにその効果は、たとえ自然のない場所へ移動しても、1週間もつづくということがわかりました。

(参考:2018年イリノイ大学による300人の児童を対象とした研究)

趣味ではじめるガーデニングが、子供の集中力にもつながるとは、ママもうれしいですよね。

それではさっそく植えかえの準備をしていきましょう!

 

500円玉でそろう、植えかえの準備

 

100円ショップで買ってくる

土・鉢(うけ皿付き)・植物の3つを買ってきましょう。

観葉植物は、春になるとたくさん売りだされますよ。

土は、観葉植物用のものを。

鉢は、植物より、すこし大きいものを。(大きすぎは×)

500円玉をにぎりしめていけば、そろっちゃいます。

 

必要な道具をそろえる

・じょうろ(コップやケトルで代用できる)

・スコップ(スプーンで代用できる、なくてもOK)

わざわざ道具を買ってこなくてもOKです。

家にあるもので十分ですし、なんなら手があればなんとかなっちゃいます。(めっちゃズボラですみません(^_^;))

 

これで植えかえの準備ができました!

それでは、はじめましょう。

 

初心者でもできる、植えかえ5ステップ

 

1、石ころをしく

鉢の底に、石ころをしきます。

底がみえなくなるくらいでOKです。(わたしはお庭にころがってる石を入れてます。)

 

2、土を半分いれる

鉢の半分くらいまで、買ってきた土をいれましょう。

ズボラなわたしは、スコップも使わず、袋からそのままドバーッと入れてます(笑)

 

3、水をかける

鉢の下から水がしみだすくらい、お水をかけましょう。

 

4、植物をいれる

観葉植物をポットからとりだします。

土と根っこをかるく手でほぐして、鉢にいれてあげましょう。

 

5、あいたところに土をいれる

もともとの土をいれてもいいですし、買ってきたあたらしい土をいれてもOKです。

そして、また水をかけてあげましょう。

これで、植えかえはおわりです。

 

植えかえたあとは…

1~2週間は、直射日光のあたらない窓ぎわに、おいてあげましょう。

 

そして、わたしもよくやってしまっていたのが、お水のやりすぎ(^_^;)

「いつも枯らしてしまうから、ちゃんとお世話しないと…!」と、とにかく水をやっていました。

観葉植物は、基本、乾燥につよいです。

お水は、土が完全にかわいてからあげるようにしてくださいね。

 

え?どうやって確認するかって?

土をさわるのが一番!

目視だと、まだしめっているときがあります。

さわって、土がサラッとして、手にまとわりつかなければ、お水のあげどきです。

かわいた土に、お水がしみこんでいくシュワシュワという音、くせになりますよ♪(植物がよろこんでくれてるみたいで好き)

 

観葉植物の育て方

一番大切なのは、植物をよく観察してあげることだと思っています。

 

「あ、陽にむかってのびてる…太陽が好きなんだな。じゃぁ明るい窓ぎわにおいてあげよう」

「窓をあけてたら、ヘタってきた…風があまり好きじゃないんだな」

「乾燥してしばらくしてから水やってたけど、元気がない…湿っているのが好きなのかも」

というように。

 

じつはわたし、いろいろしらべて、つかれて、しょっちゅう枯らしてました。

なので、いっそのこと調べるのをやめて、よく観察してあげることに。

すると気づきました。おもったより、お世話しなくてもいい(゜o゜;

いまも、ズボラなおせわで、ウソみたいに元気においしげっています。

もちろん、育て方はあなたの自由ですよ!

 

おうちグリーンを楽しむための、オススメグッズたち