STEP2 「良い家」とはなにかを知る

ママパパ安心♪選ぶべき住宅会社3つのポイント|後悔しない家づくりのために

家づくり始めたいけど、どんな住宅会社を見に行けばいいの?

こんな疑問におこたえします。

この記事を読むと

・ママパパが安心できる住宅会社がわかる
・見に行くべき住宅会社の特徴がわかる

わたしは2児を子育て中のママ設計士です。自分の家づくりも経験しました。

そのなかで、「こんな住宅会社なら安心してオススメできる」という特徴をつかめたので、お話します。

たくさんある住宅会社から、見に行くところをしぼりましょう!

(参考文献:なぜ新耐震住宅は倒れたか 変わる家づくりの常識/日経ホームビルダー著/日経BP)
(参考文献:「病気にならない家」6つのルール/上郡清政著/ベストセラーズ)

↓音声で解説♪家事や通勤のおともに

 

絶対建ててはいけない「地雷ハウス」の特徴は↓で解説してます。

家づくりで後悔確定!?絶対に建ててはいけない家を解説「家づくりで後悔したくない。建てちゃダメな家を知りたい」という方。この記事では、「建てると必ず後悔する家とはなにか」をご紹介。これから家づくりを始める方は、建ててはいけない「地雷家」を知っておきましょう。住宅会社選びにも役立ちます。...

 

後悔しない家づくりのための、住宅会社をえらぶ基準3つ

わたしがオススメしたい住宅会社は、

・地震、災害に強いこと
・快適な環境であること
・人に優しい素材でつくられてること

の3つをおさえている会社です。

具体的にお話しますね。

なお、この3つをオススメしたい理由は↓の記事にかきました。

家づくりで後悔確定!?絶対に建ててはいけない家を解説「家づくりで後悔したくない。建てちゃダメな家を知りたい」という方。この記事では、「建てると必ず後悔する家とはなにか」をご紹介。これから家づくりを始める方は、建ててはいけない「地雷家」を知っておきましょう。住宅会社選びにも役立ちます。...

 

後悔しないために選びたい家① 地震、災害に強い

地震に強い家って?
「耐震等級3」のお家です

「耐震等級」とは、お家の強さをあらわすグレードです。3が最大です。

なぜ「耐震等級3」がオススメなのかというと、大地震がおこっても、少ししか壊れないからです。

つまり、直して住み続けられるからです。

大地震で家が壊れても、建てなおすだけのお金をだしてくれる保険や、国の保障はありません。

なめから壊れにくい家を建てておくのがいいんです。

家づくりで耐震性はどれくらいもたせるべきか?
家づくりで耐震性はどれくらい持たせるべき?あなたにピッタリの耐震性を見つけよう「地震に強い家がいいなぁとは思うけど、わが家にはどれくらい耐震性がいるんか、判断の仕方が知りたい!」という方。この記事では「設計のプロのオススメ耐震性」「自分の家に必要な耐震性の判断方法」「耐震性が信用できないハウスメーカーの特徴」「地震があったときのリスク」をご紹介します。...

 

後悔しないために選びたい家② 快適な環境

快適な環境の家って?
「HEAT20のG1グレード」のお家です

「HEAT20」とは、お家の暑くなりにくさ、寒くなりにくさをあらわずグレードです。

グレードはG1~G3の3段階です。性能の高さは、G1<G2<G3です。

「G1って1番グレード低いじゃん!」と思うかもしれませんが、国が出してるZEHよりも高い性能です。

エアコンは各部屋にいりますが、少ない電気代で快適にすごせ、部屋の温度差もなくなるラインです。

つまり、冬の「脱衣室さむ!足元ひえひえ!」や、夏の「2階がサウナ状態…」がなくなる、快適なラインが「HEAT20のG1グレード」です。

わたしがG2以上をオススメしない理由は、G2以上になると、メンテナンスができない設備に頼るお家になってしまいがちだからです。

「快適な家を建てたい!」新築に持たせるべき性能の決め方「新築するなら快適な家にしたい!快適な家を建ててくれるハウスメーカーってどう見つければいいの?」という方。この記事では、「快適な家を建てるためのハウスメーカーの選び方」をご紹介!読めば、あなたが求める「快適性」がわかり、それに合った住宅会社を見つけることができますよ。...

 

後悔しないために選びたい家③ 人に優しい素材でつくられてる

人に優しい素材って?
無垢の木をつかった、自然素材のお家です

「無垢の木」というのは、木をきりたおして、そのまま材料の形にけずりだしたもの。通称、「本物の木」です。

反対に、木の破片を接着剤でくっつけて、材料の形にしたものを、「集成材」といいます。

わたしが「無垢の木」をオススメする理由は、人工的な化学物質がはいっていないからです。

海外では使ってはいけない物質も、日本では平気で使われています。なので、人工的な材料は、病気になるリスクがとても高いんです。

「子どもがアトピーやハウスダストアレルギーに…」「なんか体調不良がずーっとつづいてる…」が、新築でおこるなんて悲しいですよね。

シックハウス症候群の、本当の怖さあなたの不調、もしや、シックハウス症候群かも? 住むと具合が悪くなる家。 実は本当にあるんです。 しかも、建て...

 

後悔しない家づくりのために、「良い家とは何か」をおさえておく

ママパパにとって「良い家」とは

・地震、災害に強いこと=耐震等級3の家
・快適な環境であること=HEAT20のG1グレードの家
・人に優しい素材でつくられてること=無垢の木を使った自然素材の家

の3つのレベルをクリアしているお家です。

展示場をみてまわったり、資料請求で住宅会社をしぼるときは、この3つのポイントをおさえている会社を選ぶようにしましょう。

家づくりでは、建てると必ず後悔がまっている、「地雷ハウス」がありますので、↓の記事をみて気をつけてくださいね。

家づくりで後悔確定!?絶対に建ててはいけない家を解説「家づくりで後悔したくない。建てちゃダメな家を知りたい」という方。この記事では、「建てると必ず後悔する家とはなにか」をご紹介。これから家づくりを始める方は、建ててはいけない「地雷家」を知っておきましょう。住宅会社選びにも役立ちます。...