STEP1 基本的な考え方を知る

絶対やってはいけないハウスメーカーの選び方①|設計士×家づくり経験者が解説

絶対やってはいけないハウスメーカーの選び方①
注文住宅を建てたいから、ハウスメーカーを決めたい!絶対やっちゃダメな選び方ってある?

こんな疑問におこたえします。

この記事の内容

・やってはいけないハウスメーカーの選び方
・間違った選び方をしていないか確認する方法

ここに来てくださったあなたは、きっと家づくりの成功はハウスメーカー選びにかかっている、と理解している聡明な方でしょう。

不安でしょうが、そんなにむずかしく考えなくてOK!

「絶対やめたほうがいい選び方」さえおさえて、あとはあなたの自由にハウスメーカーを選びましょう。

参考文献(シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは/ジョセフ・シュガーマン著/フォレスト出版)

 

絶対やってはいけないハウスメーカーの選び方は

・価格で選ぶ
・デザインで選ぶ
・土地で選ぶ
・ブランドで選ぶ

の4つです。

なぜなら、あなたが求める「理想のお家」から遠のいてしまうからです。

あなたは、自分や家族が今よりもっと豊かになるために、家を建てようと考えているのではないでしょうか?

「こうなったら、今よりもっと幸せになれる!」という家に求める理想がありますよね。

↑の4つのハウスメーカーの選び方は、あなたの理想をくもらせてしまいます

そして、「あれ?本当に求めてた家じゃない…」と後悔につながります。

 

今回は1つめの「価格で選ぶ」について、「何が危険なのか」、「どうしたら惑わされないのか」お話していきます。

心理学や、人間の思考のクセもまじえながら、お話していきますね。

絶対やってはいけないハウスメーカーの選び方①:価格で選ぶ

やると後悔しやすいハウスメーカーの選び方、1つめは

・価格で選ぶ

です。

もちろん、「払える金額かどうか」はとても大切です。

なので、「金額を考えるな!」とはいえません。

ですが、「金額優先で決めてはいけない」とはハッキリ言えます。

 

なぜ、価格でハウスメーカーを選んではいけないのか?

 

同じまどり、設備、性能なのに、他より500万も安いぞ♪これはお得や、即きまりー!
ちなみに、そのお家が「やっぱり+500万」となっても、住みたいですか?
え…それは…選ばないかな…
ということは、本当に暮らしたい家ではないということです

人は、「安さ」にまどわされます。

100円ショップであれもこれも買って、5年後にはもう使ってない物ってないですか?(わたしはあります!笑)

人は心理学的に、安ければ価値を感じてなくても、買っちゃうんですよね。参考文献(シュガーマンのマーケティング30の法則 お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは/ジョセフ・シュガーマン著/フォレスト出版)

「安さ」で選んではいけない理由。

それは、本当に望んだ家ではないからです。

あなたが本当にその家に「価値」を感じているなら、たとえ他より価格がはっても選ぶはずです。

もちろん、払える金額である前提ですよ。

 

「安さ」には落とし穴がある?

 

まどりや設備、性能など、表面上は同じでも、メンテナンスでお金がたくさんかかったり、ローンを払いおえる頃には住めなくなってる家もあります。
え!?あとからお金めっちゃかかるってこと!?
安いということは、見えないところでコストカットをしてるんです。それがお家の耐久性、快適性にもろにでてきます。
一生、快適に、安心して住めるお家がええのに…それじゃなんのために建てたかわからんわ
「価格」やなくて、「価値」をみよう!ってことやね

安く見えても、あとでお金がかかってしまう家があります。

「安さ」におどらされるということは、10年、20年後の未来の自分を苦しめることになります。

この先50年住み続けられる、住み続けたいと思える「価値」があるのかを考えましょう

 

「値引き」にも注意!

 

なんと!「他の会社と迷ってる」って言うたら「特別に200万値引きします」やって!こんなチャンスめったにないわ!
めったにありますよ!ハウスメーカーは値引き祭りです。もし、始めからそのハウスメーカーが1番気に入っていたのなら、ラッキー♪でいいと思いますが…
値引きってどの会社もやってるの?
大手ハウスメーカーは演出でほとんどやってますね。ジャパネッ○タ○タと同じ手口です。
な、なんか一気にチープな感じが…
値引いたとしても、しっかり利益がとれるように考えられてます。つまり、もともと安い物を高く見せておいて、買わせるためにドカンと値引きするんですよね
こんなに値引くのうちだけやと思ってた…
値引きのない会社もあります。それははじめから、正直にいくらかかるか真摯に出しているからですね。はたしてどちらが信用できるでしょうか?

値引きが危険な理由は、「安さ」にまどわされることと、「焦る」から。

さらに、「値引いてもらったんだから、契約しないと…」とお返し心理がはたらいてしまうところです。参考文献:影響力の武器なぜ、人は動かされるのか/ロバート・B・チャルディーニ著/誠信書房

心理学的にみれば、「これでもか!」って買わせるテクニックが使われているわけです。

個人的な考えですが、「値引きする会社は信用できない」くらいのスタンスで良いと思っています。

 

「価格」で選んでいないか、たしかめる方法

 

あーでもいろいろ見てるうちに、絶対安さ気にしてまうわ… 値引きにとびついちゃいそうやし
ローン払いつづけるわけやから、金額のことを考慮せなあかんしなぁ
「安さにまどわされずにハウスメーカーを選べているのか」ってどーやったら確かめられるん?
そんなときは、こんな問いかけを自分にしてみてくださいね

 

問いかけてみよう

・わたしがお金持ちだとしても、この家を選ぶか?
・他メーカーより高くても、この家を選ぶか?
・値引きがなくても、この家を選ぶか?
・もし「タダでいいから一生住みなさい」と言われたとしたら、他の家よりこの家を迷わず選ぶか?

(参考文献:人生を思い通りに操る 片づけの心理法則/メンタリストDaiGo著/学研プラス)

この問いかけは、心理学的に「自分が本当に必要としているものを選びぬくため」の質問です。

迷ったときは夫婦で問いかけあってみてくださいね。

 

ハウスメーカー選びは、「価格」ではなく「価値」で

「値段」と「求める家かどうか」は分けて考えたらええってことやね!
まずなによりも「理想が叶うか」。そしてそれが「払える額か」という見方がポイントですね。
安さにとびついちゃうのは、人間の性やったんやね
そのとおり!「安さに弱い」って自覚しておくだけでも、きちんと冷静にハウスメーカー選びができますよ!
注文住宅で見に行く展示場の決め方
見に行く住宅展示場の決め方|後悔のない注文住宅を建てよう「展示場を見に行きたい!子連れだし、狙いをさだめて効率よくまわりたいな…見に行く住宅会社はどうやって決めればいいの?」という方。この記事では、「見に行く住宅展示場の決め方」をご紹介。後悔のない注文住宅を建てたい方は、是非参考にしてください。...
家づくりで後悔確定!?絶対に建ててはいけない家を解説「家づくりで後悔したくない。建てちゃダメな家を知りたい」という方。この記事では、「建てると必ず後悔する家とはなにか」をご紹介。これから家づくりを始める方は、建ててはいけない「地雷家」を知っておきましょう。住宅会社選びにも役立ちます。...