メンタル

感情をコントロール、なんて嘘っぱち!穏やかな人になるための第一歩

「つい子供をどなってしまう…」
「イライラを夫にあたってしまって、いつもケンカになっちゃう…」と悩んでるあなた。

「このままじゃ、夫に嫌われる…?」
「子供が怒りっぽいのって私のせい…?」
「怒鳴り散らしている、近所の怖いママになっちゃってるんじゃ…と、不安になっている人もいますよね。

でも、ママだって怒りたくないし、おだやかに家族仲良くすごしたいですよね。

ここでは、あなたが心穏やかな人になるための、感情のコントロールについてお話しします。

感情はコントロールも抑えることもできない

身におぼえがありませんか?

イラっとした時、「考え方や見方をかえてみよう」とか、「些細なことだよね、我慢すればいいんだし」と、なかったことにすること。

そして、それがドンドンたまってって、あることをキッカケにどっかーん!と爆発してしまうこと。

実は、感情はコントロールしたり、抑えようとするほど、大きくなってしまいます

つまり、感情のコントロールなんてできないんです。

本当に困るのは、感情のままに「行動」してしまうこと

感情はコントロールも、抑えることもできません。わきあがる感情は、人間なら誰しもあることです。問題は、わきあがる感情のままに「行動してしまうこと」ではありませんか?

「感情:イライラがわきあがる。」→「行動:どなる、あたる」
つまり、カッとなって感情のままに行動してしまうことで、夫も子供もビクビクしてしまうのです。

穏やかな人は、感情と、行動を切り離すのがうまいです。
「感情:イライラがわきあがる」→「行動:冷静に考えて、言葉で伝える」というように。

 

「それができたら苦労しないよ…」という方、大丈夫です。今からでも十分やっていけます。

実は私も、夫がドン引くほどの、情緒不安定女でした。ですが今は、怒ったとしてもどなりちらしたり、あたることはなくなりました。

知識をつけて、少しずつトレーニングしていくことで、感情にふりまわされない行動がとれるようになりますよ!

次の記事>>感情をうけいれよう!穏やかな人になるための、第2のStep(執筆中)

関連記事>>あなたがイライラしてしまう、物理的原因(執筆中)