その他

もし、大地震がおこったら避難すべき家【解説編】

もしもの大地震!逃げるべき家かわかる、たった2つの質問 では、いざ大地震がおきたときに、そこから逃げるべき家についてお話ししました。

もし、あなたのお家が

「木造2階建」かつ「西暦2000年以前に建てられた」

のなら、大地震時には、たおれてしまうかもしれません。

なぜなのか。

この記事ではその理由をお話しします。

 

この記事を読むことで

☑︎あなたと家族の命を守るための、正しい判断材料をえられる。

☑︎「まだ大丈夫なはず」から「念のために避難を」となり、逃げおくれる可能性がひくくなる。

 

2000年以前にたてられた、木造2階建の家」から逃げるべき2つの理由

①古い耐震基準で建てられているから

お家を建てるときに、必ず守るべきこと。

それが、「建築基準法」という法律です。

これは、安全なお家にするための、ガイドラインだと思ってください。

このガイドラインは、更新されていきます。

大地震がおきる

たくさんお家がたおれる

国「今までの耐震は甘かったんだ今回の地震に耐えられるように、家をつくりましょう!」

法律が厳しくなる

のような流れで、バージョンアップがくりかえされてきました。

 

もうお気づきでしょう?

耐震の最新バージョンアップが、2000年の5月です。

つまり、西暦2000年より前にたてたお家は、古い耐震基準で建てられているからです。

POINT
西暦20005月以前の木造2階建は、耐震性能が古い。そのため、大地震をうけると倒壊する危険がある。

2000年以前に建てられた家は、約38%以上が倒壊すると予測されている

「もし、熊本級の大地震(震度7)がおきたら、お家はどうなるんだろう?建てられた年代別に予測してみよう!」

というグラフがあります。

その中で、

1990-2001年に建てられたお家は、38%倒壊する。

と予測がされています。

古くなればなるほど、倒れる%はUPします。

1981年より前なら、90%以上が倒れるだろうといわれています。

(参考:「南海トラフ巨大地震等による東京都の被害想定」

「運が悪かったね」ですまない確率ではないでしょうか。

POINT
20005月以前の木造2階建は、震度7の地震をうけると、38%以上たおれてしまう可能性がある。

 

日本の耐震性能はまだ研究段階

20005月以降に建てられたから」

「平屋だから」

「木造じゃないから」

といって、安心は禁物です。

 

・築9年のあたらしいお家

・鉄骨のお家

・法律の1.25倍強い耐震等級2のお家

熊本地震では、倒れています。

 

また、2000年以降のお家でも、震度7では21%は倒壊するだろうといわれています。

「かならず大丈夫」とは、やはり言えないでしょう。

不安を感じるあなたへ

「うちは大地震がきたらおわりなんだ

なんて、不安に思ってしまった方もいるかもしれません。

ですがわたしは、不安をあおりたいわけではありません。

あなたのお家の事実をしって、いざというときに、命を守るための行動をとってほしい。

その想いだけです。

そして、大切な人にお話ししてあげてください。

友達に。

一緒にこどもたちを守る夫に。

遠くはなれた場所で暮らす、わが子に。両親に。

 

熊本地震では、木造2階建アパートに住む学生3人が、倒壊にまきこまれて、亡くなっています。

もし、知っていたら助かったかもしれない

 

伝え続ければ、広がると信じて。

もちろん、伝えるかどうかは、あなたの自由ですよ。