その他

もしもの大地震!逃げるべき家かわかる、たった2つの質問

突然ですが、もし、熊本級の大地震がおきたら、あなたのお家はどれくらい壊れてしまうと思いますか?

壁にヒビが入るくらい?

かたむいてしまう?

1階が倒れてしまう?

ペチャンコになってしまう?

 

 

 

 

 

自信をもって、答えられたでしょうか?

 

実は、阪神淡路大震災で亡くなった方のうち、6434人は、「お家の下じきになってしまった」ことがわかっています。(出典:「なぜ新耐震住宅は倒れたのか」)

「まだ大丈夫だろう

住み手の意識の甘さが、とりかえしのつかないことになってしまう前に。

いざというときに、命を守る選択ができるような、判断材料をもっておきましょう。

参考文献

 

大地震時に、逃げるべき家かわかる、たった2つの質問

①あなたのお家は、木造の2階建ですか?

集合住宅を含みます。

②あなたのお家は、2000年の5月以前に建てられましたか?

どちらもYESのお家は、熊本級(震度7)の大地震で、倒れてしまう可能性が高いです。

いざという時は、ためらわず逃げましょう

耐震改修をしたお家はのぞきます。

根拠は、もし大地震にあったら?築20年以上の木造住宅から逃げるべき理由(執筆中)を、お読みください。

命を守る、判断材料

「どうしよう地震がきたらおわりだ

「すぐ建てかえるか、耐震リフォームするべき!?」

と思ってしまった方もいるかもしれません。

ですがこの記事は、あなたの不安をあおりたいわけでも、耐震リフォームや建てかえ、引越しをすすめたいわけでもありません。

いざ、大地震がきたときに、あなたの命を守るための、判断材料にしてほしいんです。

「まだ大丈夫なはず」ではなく、

「念のため」になるように。

 

そして、あなたの大切な人たちに、このことを伝えてあげてください。

夫、子供、両親、親戚、友人、恋人…etc

なんと、熊本地震では、1Fに住む3人の学生が、アパートの倒壊にまきこまれて、亡くなっています。(出典:「なぜ新耐震住宅は倒れたのか」)

「もっと早くに知っていたら

一設計士として、一母として、とてもやりきれない思いです。

1人1人が大切な人に伝え続ければ、命を守る輪がひろがると信じて。

もちろん、伝えるかどうかはあなたの自由です。