家づくり体験談

「吹抜は寒い」という会社で、新築を建ててはいけない理由

ひろくて開放的。

新築のあこがれでもある、吹抜。

ですが、聞いたことありませんか?

「吹抜は寒いので、オススメしませんよ」と。

 

「う〜ん寒いならやめておこうかな」と

しょんぼりしている方もいるのではないでしょうか。

 

はっきり言います。

「吹抜が寒い」という会社では、建てないことをオススメします。

そして、

「あったかい吹抜の家」は建てられます。

夢をあきらめないでいいんですよ!

 

今回は、

・吹抜が寒い理由

・「吹抜が寒い」という会社で、なぜ建ててはいけないのか。

について、ご紹介します。

吹抜がある、あたたかいお家を建てるための、会社選びにお役立てくださいね。

 

「吹抜が寒い」は、性能不足

「吹抜が寒い」というハウスメーカーで、建てない方がいい理由。

それは、性能不足だからです。

つまり、

・エアコンをガンガンかけても、熱が逃げてしまう家であり、

・リビングあったかいのに、ろうか、トイレ、お風呂がさむ〜い、温度ムラのあるお家

だからです。

 

「うわぁ電気代めっちゃかかりそう

「震えながらお風呂場なんて、アパートとかわらんやん

快適ではないと、イメージできますよね。

 

それでは、

「吹抜」が寒いと、どうして性能不足なのか。

お話ししていきます。

どうして、「吹抜は寒い」のか?

「吹抜け=寒い」といわれる理由。

それは、冷たい風がおちてくるから、です。

そして、エアコンの効きが悪くなるから、です。

 

ポイントは、

・断熱性能(室温をキープするちから

・気密性能(お家の「すきま」の少なさ

です。

 

イメージしてみてください。

雪がちらつくさむ〜い日。

もちろん、エアコンをつけてお部屋をあっためますよね。

あっためた空気は、上(2F)にあがります。

ここで問題です。

室温のキープ力が低く、すきまが多いお家はどうなるでしょう?

 

 

 

 

せっかくあっためた空気は、外の寒さによって、どんどん冷えていきます。

そして、すきまからあったかい空気はどんどん逃げていきます

つまり、いつまでたってもお家があたたまらない、ということです。

 

さらにまずいのが、2Fで冷やされた空気は、吹抜や、階段をつたって1Fにさがります。

これが、大問題!

この、1Fに冷たい空気がおりてくる」って、すっごく寒く感じます。

冷たい風が、まあまあのいきおいで体をなでるんですよ

これが、吹抜が寒い、といわれる理由です。

それでは、逆のイメージもしてみましょう。

あっためた空気が2Fにあがります。

もし、すきまが少なく、室温をキープできるお家なら、どうなるでしょう?

 

 

 

 

あっためた空気は急に冷えることはありません。

「冷やされた空気が、風になって1Fをおそう」ということが、なくなります。

そして、やがてお家中、足元まで、あったかい空気がいきわたります。

おへやのドアをあけっぱなしでOK!

家全体があったかい、温度ムラのない快適なお家のできあがりです。

 

 

いかがでしょうか。

「吹き抜けは寒い」といいはる会社で、建ててはいけないワケ。

それは、

室温をキープする力が低く、すきまが多い、性能不足なお家だから、です。

あたたかい吹抜はつくれる!

もし、あったかくて涼しい吹抜のある家を建てたいのなら。

断熱、気密性能の高いハウスメーカーを選びましょう。

「吹抜は寒い」といいはるハウスメーカーは、性能不足なうえ、温熱の知識不足です。

もし、快適なお家に住みたいのなら、建てないことをオススメします。

 

もし、

「温度ムラが少ない、快適な家を見つけるには、どうすればいいの?」

と、気になっているのなら。

次は、 へおすすみください。

いざ、快適な新築ライフへ!