健康・ダイエット

何をやっても取れない疲れ…原因は意外なことだった!?

激しい運動もしていないのに、なぜか残る疲労感。

その感覚は、脳の疲れが引き起こしています。

「最近疲れやすくなったけど、歳をとったせいだよね

なんてあきらめないでください。

疲れ=老化のせい

だと思われがちですが、実は違います。

疲れやすい体。なかなか取れない疲れ。

これは、長年のうちに身についてしまった悪い生活習慣が原因です。
関連記事>>実は歳のせいではない!取れない疲れの原因と対策

 

いやいや、健康と生活習慣にはちゃんと気を遣っている。それでも頭が重く、めまいがして、体が疲れやすいんだという方

その疲れの原因は、生活環境のせいかもしれません。

ここでは、あなたを苦しめる疲れの原因と、その対策についてお話しします。

日常の少しの意識で、スッキリすることもありますので、

疲れ知らずの元気な身体で、毎日を楽しく過ごしてみませんか。

疲れの原因は、生活環境だった!?

健康的な生活を意識しているはずなのに、なぜか取れない疲れ。

もう一生このままなのかなと不安になっている人もいるのではないでしょうか。

実は、住んでいる場所が原因で、疲れを引き起こしている可能性があります。

しかも目に見えず、じわじわと体をむしばんでいく、タチの悪さ

もし当てはまることがあれば、早めに対策を取ってみてください。

シックハウス

住むと具合が悪くなる家、実はあります。

家の材料には、化学物質が含まれています。

その化学物質が、あなたを不調に招いているかもしれません。

□家に帰ると疲れる、気分が悪くなる
□外に出ると、少し楽になる
家に入った時に、ツーンとした臭いがある
築年数が浅い家に住んでいる
□リフォームしたての家に住んでいる

ここに当てはまるなら、シックハウスの可能性があります。

換気をしっかり行い、観葉植物を置きましょう。

 

できるだけ早く住み替えたほうがいいのですが、そう簡単にできるものでもありませんよね。

せめて、日常生活から心がけよう!シックハウス症候群の予防方法を参考に、今できることから対策してみてください。

関連記事>>シックハウス症候群の、本当の怖さ

電磁波

電磁波を浴び続ければ、体調が悪くなるのも当然です。

マンションやアパートの床、壁には、電気配線がはりめぐらされています

その配線から、電磁波がでています。

そして、壁、床を簡単にすり抜けて、体の中にまで届いてしまいます。

人の体は寝ているあいだに、傷や疲れを癒します。

眠っている時に電磁波を浴び続ければ

疲れがとれないのはもちろん、アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

□床に布団を敷いて寝ている。
□枕元でスマホを充電している。
□寝室に加湿器や空気清浄機を置いている。

上記のような環境で眠っている方は、少しだけ工夫をしてみましょう。

 

電磁波対策は、とってもシンプルな方法です。

距離をとるほど電磁波は弱まります

・スマホの充電は寝室以外でする
・ベットで寝る
・ベットは壁から15cm以上はなす
・ベットと家電を1メートル以上はなす

眠っている時間は、人生の1/3をしめます。

できるだけ深い眠りにつけるように、工夫してみてくださいね。

関連記事>>質の良い睡眠をとるための、いい習慣、悪い習慣(執筆中)

「疲れる環境」を変えよう

何をやってもとれない疲れは、日常生活にまぎれる、化学物質と電磁波によるものかもしれない、というお話をしました。

疲れにくい身体をつくるためには、
・環境
・習慣
・癒やし方
を見直してみることが大切です。

環境を整えた次は、

実は歳のせいではない!取れない疲れの原因と対策を参考に、習慣を見直し、

疲れを正しく癒す方法(執筆中)
質の良い睡眠をとるための、いい習慣、わるい習慣(執筆中)を参考に、身体を修復しましょう。

疲れ知らずの元気な身体で、毎日を楽しく、人生を謳歌しましょう!