お金のやりくり

「病気にならない家6つのルール」を読んでみたら、子供から風邪をもらいにくくなった件

こんにちは、建築士ママのSaChiです。

最近、「もっと快適な家、つくれないかな〜」と、いろいろ本を読みあさっております。

その中で、「おっ!これはいいぞ!」と思ったもの。

今回は、

「病気にならない家」6つのルール からだの不調の原因はあなたの家にある/上郡清政 著 /ベストセラーズ

をご紹介します。

 

・何を学べるのか?

・誰に、どれくらいオススメか?

・難易度は?

など、主観と感想をお伝えしていきます。

 

もし

「この本買おうかな〜」

「役に立ちそうかな?」

と検討中のあなた。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

「病気にならない家6つのルール」を読んでみた

「「住まい」と「健康」ってどう関係あるの?」

「お客さんのために、設計で気をつけること、あるかな?」

「今の家、「不健康」になる家ではないかな?もしそうなら、工夫できることはないかな?」

この3つを学ぶために、読んでみたところ。

それ以上の学びがえられてよかったです。

建築知識がなくても、よめるくらいの優しいハードル。

それでいて、プロ側にも役立つ知識がありました。

 

読んでどうなった?よかったところは?

読んですごくよかったです!

「自分にとって新しい情報」が80%ある本は、「自分にとって良い本」だといわれています。

(出典:超読書術/メンタリストDaiGo著)

この本は、7580%は新情報でした

 

特によかったことが3つあります。

・住まいと健康の関係を、体のメカニズムもまじえて話してくれていたので、とても理解がふかまった。

・「今の家で、より健康にすむためのコツ」がかいていたので、実生活ですぐためせた。

・「健康でいられる家は、どのような家なのか」が紹介されていたので、設計士として、よりよい家の提案の仕方がわかった。



読みやすさ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

・2-3ページごとに章でくぎられている。

・フォントが大きめ。

・建築の知識がなくてもサラッとよめる。

・6つのテーマがあるので、必要なところをひろい読みしやすい。

 

2時間ほどで読めました。

ですが、内容が良かったので、その後3回は読みなおしています。

立場別!オススメ度と理由

⭐️=読まなくてもいい

⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️=超オススメ 

 

40代〜のプロ建築士 ⭐️⭐️⭐️

この本の内容を、この道25年の設計士に話してみました。

なんと、「え、そーだったの!?」という反応もありました。

どうやら、ベテランでも新しい視点があるようです。

ただ、「プロとしてあたりまえのこと」を「初心者向けにわかりやすく」書いているところもあります。

もし、「健康と住まいの関係性」が結びつかないのなら、新しい発見があるでしょう。

20代〜30代のアマチュア建築士 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

「健康に暮らせる家」は、どのような家か、がわかります。

ちなみに、「どうつくるか」は、のっていません。

ですが、「よりよい家を考えるための基礎知識」になってくれます。

建築の知識がちょっとあると、とても読みやすいと感じました。

私は仕事で、「もっといい家をつくろう!」というプロジェクトのメンバーなのですが、

この本からもらった知識のおかげで、発言力と説得力がUPしましたよ。

同じ立場の方には、もちろん。

建築学生さんにも、ぜひオススメしたい一冊です。

新築検討中の夫婦 ⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

「ながく健康に生きるために、どんな家をもとめるべきなのか」がわかります。

この本を読むことで、

「あれ、アパートと住み心地変わらない…失敗した…」

なんていう、家は建てなくてすむでしょう。

ハウスメーカー選びって、やれデザイン、価格、土地と表面に目がいきがちになってしまいます。

そこに、「はっ!そうだ家にはこの要素が大事だったよね」と気づかせてくれる一冊です。

「よい家を建てるために、ハウスメーカーのどこを見るべきか」もきちんと書いてくれています。

 

子育てママ ⭐️⭐️⭐️⭐️

子供が健やかに育つために、生活のなかで、注意するべきポイントがかかれています。

とくに、喘息やアレルギーなど。

子供は大人よりさきに症状がでてしまいます。

なってしまってからでは遅いので、

早めの対策をするためにも、子育てママにはぜひ読んでほしい一冊です。

ただ、「生活の中で気をつけること」の割合は23割ほどのボリュームです。

 

年々不調を感じる方 ⭐️⭐️⭐️⭐️

健康には気をつかってる。でもあまり調子がよくない。

そんな方には、目からウロコでしょう。

「まさか、家のせいで不調だったとは!」

と感動できるところが、きっとあります。

そして、日常生活で、どう改善すればいいかも、書かれているので、すぐ行動にうつせるでしょう。

ただ、「アパートにすでに住んでる人」よりも「これから新しいところに住む人」に向けられている割合が多いように感じます。

といっても、「体調を改善するための考え方」が身につくので、今後の応用のためにもオススメします。



まとめ

わたしが「病気にならない家6つのルール」をぜひすすめたいのは、

「快適な新築をたてたい、失敗したくない!」というご夫婦。

「より良い家を提案できるようになりたい!」という建築士。

「家族みんな、健やかにすごしたい!」というママ。

「ちょっとでも体調改善できれば!」という方。

気になる方は、読んでみてはいかがでしょうか?

もちろん、読むかどうかは、あなたの自由ですよ。

  オーディオブック配信サービス – audiobook.jp